てくてく行こう

趣味のバイクにおける出来事などのアバウトな日記。 バイク以外の事も書いてます。

スポンサーサイト --/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fタイヤ 17インチ化しようかな??っと・・・ 06/11

私の相棒CBR900RRのフロントタイヤ17インチ化したいなぁ~という思いが再燃してきました。
まあ、最近はタイヤ交換が近づく度に思うんですけどね・・・。
現在バイクタイヤの主流は17インチ。CBRはフロント16インチ・リア17インチと・・・なサイズ。


ちなみにこんな感じのバイクです。
fireblade.jpg

数年前からタイヤ交換の選択肢が激減ですよ。履きたいタイヤにサイズの設定がないと言うのもシバシバ。F16インチの旋回性の良さは好きなんですけどね。

と、前置きはこのくらいにして、本題の17インチ化について少し調べてみました。
方法としては、
1、社外ホイール
2、フロント周り総移植
3、他車ホイール流用
くらいでしょうか?

お金の問題でもちろん3以外には考えられないか・・・。
1~3型は他車種流用で使用している人もいるみたいだけど、4型はやっている人いないんだよなぁ。ホイールのみ他車流用ということで調べてみた。

簡単に考えて候補に挙がるのは同じホンダの車種。
CB1000SF(SC35) 18インチ・・・だめじゃん。
CB1300SF(SC40) 17インチだがタイヤサイズが130で却下
CBR1100XX
CBR600RR(PC38)
VTR1000F

う~んもっと情報が欲しい・・・。


続きを読む »
スポンサーサイト

タイヤ交換 04/10

バイクのリアタイヤを交換。今まで履いていたのはBSのBT014、センタースリップサイン、サイドはバリ山というヘタレ・・・orz。
リアタイヤはサイズの関係で銘柄を選べるから散々迷った。迷った挙句ピレリのドラゴンスーパーコルサプロというタイヤにしました。しかも金銭的な問題から中古・・・。

SANY0463.jpg

まずはバイクのリア周りを上げてタイヤを外す。

SANY0462.jpg

き・汚たねー、タイヤ交換は今までタイヤ屋まかせだったので、買ってからホイールを洗った記憶がない。
数年間分の汚れとチェーンオイル、ブレーキパッドのカスが混ざり合ってとんでもない事になってるやんけ。



とりあえずホイールを洗うが途中で面倒になって洗い易い部分だけ洗うことに変更するが、30分はかかった。
ここで問題発生!洗っているうちに気づいたが、ホイールベアリング逝ってるやんけ・・・。

ここで見過ごす訳にもいかず、仕方ないのでベアリングも交換する事にした。部品頼まなきゃ。
それにしても前回リアホイールベアリングを交換してから約3年、走行距離にして約1万Km。
そんな程度で逝くものか??
ちなみにフロントは一回も変えた事がない。そろそろヤバイかもしれんなぁ。

SANY0464.jpg

部品がないので、とりあえずタイヤ交換。
タイヤ交換は直ぐ終わったけどホイールに傷がついちゃったよ。めんどくさがってリムプロテクター付けなかったのがいけなかった。まぁいいか・・・。

外したところしか写真とってない・・・orz

SANY0465.jpg

タイヤ交換後ベアリングを取り外しにかかる。
ベアリングプーラーなんていう専用工具を持ってないので、アンカーボルトを代用した貧乏なんちゃってベアリングプーラーでベアリングを外す

SANY0468.jpg

外してみると、ベアリングだけでなくカーラーにも錆が

SANY0469.jpg

「興味本位で中はどうなってんのじゃ?」とベアリングのシールを外すと・・・こんな感じです

SANY0467.jpg

それにしても汚ね~~・・・。

・・・・つづく。

バイクの消耗品交換は連続でやってくる 08/28

今回の件でチェーンは要交換。リアタイヤの残りも以前からヤバメ!で今回のツーリングで、もうこれ以上は引っ張れないだろうという所まできている。
チェーンはリンクの固着以外はまだまだ(;・∀・)ダ、ダイジョウブ…?なので、リアスプロケの歯数を減らして固着部分を取っ払おうかなと検討中!それかオクで出回っている安くて怪しいチェーンか?不安だな。ダマシダマシ乗れないこともないけど・・・。

それより迫っている問題がリアタイヤだ!
スリップサイン出てるしなぁ。9月からブリジストンとダンロップのタイヤは値上げみたいだから買うなら今だな。でも金銭的余裕がない。ミシュランは値上げ済みだか?10月値上げだったよな確か?
今回狙っているタイヤの条件は2コンパウンド使用のタイヤ。どうせツーリングメインだから、センターが一番早く減る。2コンパウンドだったらセンター硬めだから少しは長持ちするかも?と言う期待をこめての選択だ。

今履いているタイヤは、ブリのBT-014、もう2年半くらい履いている。
グリップに不満はないので、耐久性を考えてもう少しツーリング思考のタイヤに交換する予定。
そうなるとミシュランのパイロットロード2が第一候補となる。

安い店で買っても2万数千円。交換工賃等を入れると2万5千円くらいだよなぁ・・・・。う~~ん困った。

バイク メンテナンス 08/27

今回のツーリング(08夏)中に起こったバイクのトラブルの原因を探るため、少しメンテナンスしてみました。

今回の主な症状
1.走行中にカタカタと異音がする。
2.エンジンのフケが悪く、加速しない。また、排気音がツインのような感じになっている。

1は、症状が出たときに、以前にも2回くらい同じような症状を経験しているので、「あ~チェーンか・・・」と直ぐに判りました。以前はチェーンの片伸び(部分伸び)が原因でしたが、今回はリンクの固着。明らかに普段のメンテナンス不足・・・(´・ω・`)
最近あんまり乗らないからってメンテナンスを怠っていた罰ですかね。もう少しまめにメンテしなきゃなぁ。
チェーンの清掃・給油をして見ましたが時すでに遅し。大枚叩いて買ったゴールドチェーンがあぼーんされました。

2の症状で考えられるのは、プラグ、プラグコード、キャブなので、とりあえずプラグを外しチェック。
汚れてはいるものの、特別おかしなところはないので'`ィ (゚д゚)/消えた。
次に火花チェック。各プラグともに問題なし。'`ィ (゚д゚)/消えた。ついでなのでプラグを新品に交換。イリジウムやプラチナと言いたい所だけど、ストックしてあったNGKノーマルプラグと交換。

「あ~キャブか面倒だな・・・」と思いつつもキャブの分解清掃に取り掛かる。
プラグ外すときにタンクとエアクリは外してあったので、キャブを外して分解。作業に夢中で写真を撮り忘れた・・。
各ジェット類と内部を清掃。面倒になってバキュームピストンは外さなかった。
キャブ内部は若干汚れてはいたものの、トラブルを起こすほどでもなかった。まあ、せっかく外したから掃除はしたけどね。

その後組み付け、エンジンを始動し様子を見る。「な・な・直ってない・・・・(´・ω・`)」
エキパイは各気筒とも熱くなってるから燃焼はしているようだ。触ってたら火傷してしまったαβοοη..._φ(゚∀゚ )アヒャ
ちくしょ~、どこだ!どこなんだと思いながら一休みし、何気にマフラーのサイレンサーを外しエキパイを弄っていると、グラグラしはじめた。マフラーは中古で買ったアクラ。「こんなにグラグラしたっけかな?」と思いながらさらに弄っていると・・・・ポロッとエキパイが外れてしまった。「うぉ~~~!!」と1人でアタヽ(д`ヽ彡ノ´д)ノフタしながら外れてしまったエキパイを見てみると、エキパイのフランジ部分がエンジン側についたままだ!そう、エキパイからフランジが取れてしまっていた。
とりあえずエンジン側からフランジを外しエキパイ叩き込んだ。3個はそれなりの感触があったが、残り1個は結構ユルユル!
まあコレで取り付けてみようと思いマフラー再装着。そうしたら、排気音のおかしい音は直った。試走はしてないが、吹けも悪くなさそう。もしかしてマフラーのせい???というお粗末な結果でした。

まあ、この頃はあまりメンテナンスしないので( ・∀・)イイ!!機会になったかも。

ETC初装備 07/28

近年、あまり高速道路を使用しないのでETC装着を見送っていましたが、この度ETC装着しました。
今回取り付けたのはデンソーの「DIU-9100」というモデルです。
一つ前の旧モデルですが、「とりあえず付けとけって」ってな具合で付けました。

便利なので付けた訳ではなく、深夜早朝割引目当てで付けました。やはり深夜早朝割引はでかいですよね。
年一回ぐらい使うかな?という使用頻度だと思いますが、まあいいでしょう・・・。
無駄遣いだったかな??

ETC

外形寸法/重量
[本体寸法] 幅約65mm×高さ約17mm(取付部約+1.1mm)×奥行約97mm
[本体重量] 約83g
電源部
[動作電圧] DC12V(10~16V)
[消費電流] 500mA以下(12V.25゜C時)
[配線] 3線(+B、ACC、E)
ヒューマン・マシンインターフェース部
[LED表示] 処理結果OK時:緑色LED点灯(告知音と連動)
処理結果NG時:橙色LED点灯・点滅(告知音と連動)
[告知音] 内蔵スピーカーによる音声案内・ブザー音
[カードコネクタ] 全収納式
[履歴確認] 最大100件(音声案内)
環境仕様
[保存温度範囲] -40゜C~+90゜C
[動作温度範囲] -30゜C~+85゜C

バイクのフォークOH その2 06/06

つづき。

フォークの部品がきたので早速、作業再開!

といっても、元通りにチャッチャと組み立て、OILを適当に入れてエア抜き。
(この辺りからは画像がありません。撮影するのをすっかり忘れてました・・・)

確かフォークOILの規定量は540ccくらいじゃなかったかな??
まあ、油面を測るのでその辺りは適当にぶっこむ。

ここで登場、自作油面調整機。(コレも画像なし)
といっても、そんなたいそうなものじゃなく、ホムセンで材料調達。総額¥500くらいで自作。
デイトナとかの油面調整機買うと¥3000くらいはするもんね。あまり使うものじゃないし、ここは自作品で十分です。

油面を調整したら、最後まで組み立てて車体に取り付け。

ジャジャ~ン!作業終了!




2~30Km走ってみたけど、若干突き上げ感が少なくなった程度で劇的な変化は見られませんでした。
減衰力調整してなかったからね・・・。ちゃんとセッティングしてからだな。

そんなことより作業している間にガソリンが値上げ。スタンド行ったら先週より、リッターあたり¥15円くらい上がってんじゃね~の・・・orz
満タン入れて、¥2500オーバー。バイクで¥2500オーバーって、暴利だ。なんか気軽に乗れなくなってきたな・・。

バイクのFフォークOH 06/02

我愛車のCBR君、ようやくFフォークOHしました。

大分前から左のFフォークからのオイル滲み(漏れ?)を確認していたんだけど、あまり乗ってないし、インナーチューブの点錆も判っていたので、インナーチューブ交換or再メッキにしても、それだけで3~5万の出費という金銭的な面から延び延びになっていた。

乗り味も悪くなる一方で、近頃は路面がちょっとでも荒れていると突き上げがひどく乗っててシンドイ・・・。

で、ようやく重い腰を上げてOHすることを決意。
まあ、ホントは友人が先々月にGSX-R1000を購入、また別の友人がFZ-1 FAZERを契約、納車待ち状態なんていう仲間内では近年稀に見る買い替えラッシュがあり、ツーリングで置いて行かれたくないから・・・ダッタリして。

GSX-R1000とFZ-1 FAZER



前置きはいいとして、思い立ったがなんとやらで早速OH開始。
この時まだ部品も注文してなかったんだけどね・・・。

早速車体からFフォークを取り外し。



分解してOILを抜いてみると、汚ね~汚ね~。元のOILの色は何色だったのってくらい汚いドブ色。
ヤバイでしょコレ!




取り外したシールとブッシュ類
フォークスプリングが一本しか写ってないのは気にしないでね




汚れが酷かったんでアウターチューブとインナーチューブを適当に清掃。自分の中では綺麗になったので終了。(単に掃除するのに飽きただけだった・・・)
ついでにダメ元でインナーチューブの点錆をさらっておいた。組んだ後にまた漏れ出したら考えます。





ブッシュ類とシールとオイル交換だけにすることに決定。
ここまできて、ようやく部品発注。(我ながら遅すぎw)

・・・つづく。

バイクのユーザー車検 備忘録 04/12

昨日、バイクのユーザー車検に行ってきました。

以前とは手続きの場所が少し変わっていたのでメモメモ。

今回車検を受けたのは足立の陸自。
車体はフルノーマル状態。MRAの段付きスクリーンは交換し忘れていたので、そのまま車検場へ突入。

手順

まず、自賠責の更新。以前は陸自に入って右側の建物で自賠責の更新ができたのができなくなっていた。陸自前の道路を渡って左側の保険屋?代書屋?で更新手続き。
以前より自賠責の料金が下がっていた。

24ヶ月で¥13,400なり。

次に必要な用紙を購入。陸自に入って右側の建物で購入。
3枚で¥25なり。

その左隣の窓口で重量税の印紙をと検査料の印紙等を購入。
重量税印紙:¥5,000
検査登録印紙:¥400
審査証紙:\1,300
--------------------
合計:¥6,700なり

つぎ~~。その用紙と自動車税の納税証明書を持って道路を渡ったところの建物へ行き、納税証明のハンコを用紙に押してもらう。

用紙に必要事項を記入してユーザー車検受付へ提出すると、受付のおっさんがハンコをバンバン押してOK。「何番レーンに行って」というのでバイクに乗り言われたレーンに並ぶ。バイクは大概1番レーン(一番左端)。

後はいつもと一緒。検査員が来て車体番号の確認やら灯火類のチェック。
レーンに入りブレーキやら光軸やらの検査。
私のバイクはふる~~~いのでガス検はなし。規制後の車種だとガス検あり。

私には関係ないけど一応・・・ガス検は光軸検査と同時に行う。光軸検査の場所まで進んだら、バイクを止めマフラーにプローブを突っ込み、そのままバイクにまたがり光軸検査とガス検。

変わっていたのは自賠責の継続手続きの場所だけかな?
まあ、一応次回の車検までには忘れているだろうからメモっておかないと・・・。

今回の車検代
用紙代:¥25
印紙代合計:¥6,700
自賠責(24ヶ月):13,400
----------------------
合計:¥20,125

自賠責が下がってくれたおかげで、前より1万円弱安くなった。

軽自動車 ユーザー車検 備忘録 その3 11/12

いよいよ検査ラインへ

ここからは普通車と変わらず・・・。

まずは灯火類の検査と車体番号の確認。

ラインに入り、排ガス検査。
プローブをマフラーに突っ込み測定。OKが出たら記録用紙に記録して進む。(っていっても前が詰まっていて進めない('A`) )

続いてサイドスリップ。
線に沿ってゆっくり進む。テスター屋みたく狂っていたらブザーが鳴るのかな?鳴ったら恥ずかしいかも・・(笑)
サイドスリップ測定後、マルチテスターまでそのまま進む。
スピードメーター・光軸・ブレーキ・パーキングブレーキ測定。
ここのスピードメーター測定はパッシングで知らせるタイプだった。

続いて下回り検査。
乗車したままリフトアップされ、下でコンコンと金槌で叩くやつです。

全てOKが出ると、その先にある窓口で新しい車検証とシールを貰って終了!
建物に戻る必要がなく、ラインを出てそのまま帰宅。
ここも陸自と違っていて楽だなぁ。
大分前に札幌の軽自動車検査登録協会に行った事があるけど(友人の付き合いで)その時は検査終了後建物に戻ったような記憶があるな・・・。場所によって違うのかも。

掛かった費用
テスター屋:¥2,000
重量税:¥8,800
自賠責保険:¥25,000
検査料:¥1,400
用紙代:不明(推定数十円)
リサイクル費用:¥10,000ちょっと

合計:¥48,000弱

以上簡単ながらメモ代わり。

軽自動車 ユーザー車検 備忘録 その2 11/09

検査日当日

そのまま車検受けにいっても落ちる事は判っていたので、迷わずテスター屋へ直行!
軽自動車検査協会足立支局裏手にあるテスター屋「白光電機さん」で調整してもらいました。
足立の陸自付近には何件かテスター屋があるけど、軽の足立支局付近には「白光電機さん」しかなさそう・・・。
検査時間になると混みそうなので、13時ちょい前に到着!
おじさんに光軸とサイドスリップ調整して。とお願いしてラインに突入。
サイドスリップは一応見てもらおうくらいの感じだったが見事に「ブーーー」というブザー音が・・・('A`) 見ておいてよかった。
トーインを調整してもらい、続いて光軸。こっちはかなりズレていた。
以前自分でぐるぐる回していたからなぁ・・。おじさんはドライバでぐるぐる調整、時々ライトをバンバン叩いてた。ごめんね・・・おじさんm(_ _)m

光軸とサイドスリップで¥2000なり。

対応はとても丁寧で好感が持てた。料金も並くらいではないだろうか。
ここだったら次の車検時も利用する気になるなぁ。

で、意気揚々と足立支所に向かう。

まず、左側に建物に入り「ユーザー車検なんですけど」っていったら、どうやら暇だったらしく「車検証と自賠責、納税証明書見せて」なんて言われ渡すと共に自賠責の更新やらリサイクル券の発行やら勝手にやってくれた。その場で料金一括請求され、支払い。「そっちで待っててください」って言われ、暫くして名前を呼ばれて行くと「必要書類の準備はできましたので、あちらの建物の窓口に出してください」となんとも楽なシステムなのだろうか。それとも偶々やってくれただけかな??

陸自なら自賠責更新して、別の窓口で用紙買って、次の窓口で印紙買って、記入して、道路の向こうの建物に行って納税照明のはんこ貰って、受付して・・・・・。なんてめんどくさい作業があるのに、こっちは楽チンでいい。

次に右側の建物の5番窓口に書類を提出して予約番号を伝えるとOK。

後はライン検査なので、車列に並ぶ。

敷地が狭いせいもあってフルオートラインが1つのみ。前には20台ほどの検査待ちの行列・・・。

つづく

 | HOME |  »

プロフィール

ありんこ

Author:ありんこ
旅行・アウトドア・バイクの話題等から社会問題までを適当、気ままに綴るブログ

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

 

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

 


最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。