てくてく行こう

趣味のバイクにおける出来事などのアバウトな日記。 バイク以外の事も書いてます。

スポンサーサイト --/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

求人 ローカル線の社長募集中 11/30

茨城県ひたちなか市のローカル鉄道「湊線」(勝田-阿字ケ浦間、14・3キロ)が第三セクター方式で再建されることになったことから、同市は29日、新会社の社長を全国から募集すると発表した。自治体が鉄道関連の三セク社長を募集するのは全国初という。

「再生する意欲と行動力のある人を広く求めるため」(本間源基市長)と全国公募に踏み切った。任期は1年(更新制)で、年俸は約700万円。性別や鉄道事業の経験は問わない。募集期間は12月10日から来年1月15日まで。

湊線は現在、茨城交通が運行しているが、利用者の減少で、平成19年度から23年度の5カ年の営業赤字が約5億円になると予測されている。国土交通省に廃線の届けを出すことも検討されたが、今年9月、県とひたちなか市、同社が三セク方式で存続することで合意した。

経験は問わないなんて言ってるけれど、実際は私のような凡人が応募しても「該当者無し」で蹴られてお終いなんだろうなぁ・・・。

スポンサーサイト

ワイヤレスで充電可能になるかも? 11/29

この技術、日本ではMILAX(MIcrowave Lifted Airplane eXperiment)と名づけられ、模型飛行機での実験が成功している。これは人工衛星ではなく、高高度を飛ぶ無人機を衛星の代わりにすることで、通信出力を抑えようという成層圏無線中継機システムの基本技術となる。レーザー光に転換した電力を宇宙船に供給する、電気自動車へ電力を供給するなどさまざまな可能性が検討されてきた。

今回、MITが発明した技術はマイクロ波発電ではない。マイクロ波発電の場合、電力は極超短波に変換されるため、遠くまで届かせることはできるが指向性が非常に高い。SF映画のビーム兵器みたいなもので、射線上の生き物には強い影響がある。また高い電力を送るには出力を上げなければならず、マイクロ波への変換時にロスする電力も大きい。供給側と受給側には精度の高いトラッキングの仕組みが必要だ。とてもじゃないが、日常生活で携帯電話の充電に使えるようなものではないのだ。

MITで“Witricity”(ワイヤー+エレクトリシティの造語)と名づけられた技術は磁気の共鳴を利用する。磁気的に同じ共鳴周波数を持つ物体間では、効率よくエネルギーが交換される。電力の供給側と受給側が同じMHz数で共鳴するなら、供給側の電力は受給側で受信される。供給側からは無指向性の電力の波が広がっているので、有効範囲内であればどこでも電力の供給を受けることができる。エネルギー効率は40%程度で、今回の実験結果からノートパソコン程度の充電は可能だと結論している。

グーグル 代替エネルギー開発に取り組む 11/28

インターネット検索最大手グーグル(カリフォルニア州)は27日、現存する各種発電形式のうちもっとも安価とされる石炭発電よりもさらに安価で再生可能な代替エネルギーの開発計画を発表した。インターネットの分野で数々の革命を起こしてきたグーグルが、エネルギー分野でも旋風を起こせるかどうか、注目が集まっている。

同社によると、来年度だけで数千万ドル(数十億円)を投じ、太陽熱、風力、地熱などを利用した発電でコストの劇的な削減をめざす。同時に、現在予想されていないような新技術の研究にも取り組むという。サンフランシスコ市全体の消費電力に相当する1ギガワット程度の発電を実現するのが当面の目標で、グーグル共同創業者のラリー・ペイジ製品部門担当社長は「数年で達成できるだろう」と話している。

石炭発電は多量の温室効果ガスを排出するものの、安価なため、世界の発電量の約4割をまかなっている。同社は新技術が開発され、既存の石炭発電が置き換えられていけば、地球温暖化防止に向けた大きな前進となるとしている。

ペイジ氏は、畑違いのエネルギー分野にグーグルが進出する動機について、グーグル自体が巨大なデータセンターの運営などで多量の電力を消費する立場にあることをあげ、「全社的に省エネに取り組んできたものの、それだけでよしとするのは偽善だと思った」と語った。

分野違いとはいえ、グーグルは有能な人材が集まっている企業。
このニュースはちょっと期待できるかもしれない。

ナンバーカバー販売業者 自主規制 11/27

汚れ防止やアクセサリーとして若者を中心に人気の自動車ナンバープレートの着色カバーが来春にも店頭から姿を消すことになった。大手カー用品チェーンなど24社が加盟する自動車用品小売業協会(会長・住野公一オートバックスセブン代表取締役兼CEO)が無色透明を除く着色カバーの販売をとりやめることを決めたためで、事故を起こした際にナンバーが読みづらかったり、偽造ナンバー隠しに利用されている実態を受け、業界が自ら規制に乗り出した。

ナンバープレートにかぶせて使用する着色カバーは、無色透明のほか、濃い黒や緑、ピンクなどがあり、カー用品販売店などで、1500円~5000円で販売されている。ファッション性から若者を中心に人気となっているが、ひき逃げなど犯行車両のナンバープレート隠しや偽造ナンバープレート隠しなどに使われているとの指摘もあり、国土交通省が規制を検討している。

こうした情勢を受け、カー用品の小売業界がひと足早く自主規制を決めた。自動車用品小売業協会の滝沢政明事務局長は「今はコンプライアンスが問われている。われわれの店で売っている商品が犯罪に使われることがないよう販売をとりやめることにした」と話す。同協会では、加盟24社が年内に透過率70%以下の着色カバーの販売をとりやめ、来春までに透明を除くすべての着色カバーの販売を取りやめるという。

同協会によると、加盟24社で販売シェアの8割をカバーしており、全国の大手自動車用品販売店の店頭からは透明を除く着色カバーが来春から姿を消すことになった。

しかし、店頭から姿を消した後は、インターネットでの販売が増加することも予想される。
このため、国交省は、近く有識者による協議会を立ち上げて、全面禁止を含めた具体的な内容の検討を開始する。

あのナンバーのカバー、汚れ防止なんていうのはとって付けたような言い訳にしか聞こえないなぁ。私はある意味、確信犯的な代物であるように思っていた。
業界自主規制は正解じゃないですか。
これで一時の流行で終わりそうですね。

それよりもっと直してもらいたいところはたくさんあるyo。

メロディーロード 11/26

気持ちよくドライブしていると、「ルルル…」と耳に馴染んだメロディーが車内に響く-。そんな不思議な「メロディーロード」が相次いで誕生している。路面に刻んだ溝で音階を作ったもので、制限速度を守って車を走らせないとうまく曲になって聞こえないという。スピードの抑制にもつながるユニークアイデアだ。

愛知県豊田市川手町の国道257号バイパス。10月に完成した「メロディートンネル」は、一定の速度で走行すると童謡「どんぐりころころ」が聞こえてくる。秘密は、路面を横断する形で刻まれた複数の溝にある。通過時にタイヤと溝が接触する音がメロディーになって聞こえる仕組みだ。

溝と溝の間隔で音階、溝の幅で音量を調整。「溝の間隔は制限速度を想定して設計されているので、スピードを出し過ぎると音が聞き取りづらくなる」と同県豊田加茂建設事務所足助支所の加納久揮さん。区間の長さは約300メートル。制限速度の50キロを守って走行すると、約20秒間にわたって一曲分の演奏が楽しめるというわけだ。

今シーズンの降雪予想発表! 11/22

今シーズンの降雪予想が発表された。

太平洋赤道域東部で海面水温が平年より低くなるラニーニャ現象の影響で、昨シーズンより寒さの訪れが早く、安定して雪が降るのが特徴。雪の量もほぼ例年並みという。

今週の降雪が今シーズンの第1波で、北海道や長野のスキー場ではオープンと同時に新雪が楽しめる見込み。12月下旬と、来年1月末から2月上旬にはまとまった雪が降ると予想される。昨シーズンは記録的な暖冬だったため、平年並みの気温でも寒く感じる人が多いとみられる。

ブラジル、新車の8割がフレックス燃料車に 11/21

ブラジル国民が、エタノールとガソリンのどちらにも対応できるフレックス燃料車を競って購入している。ガソリン価格の高騰と米大手自動車メーカーがフレックス燃料車の増産を打ち出したことが背景にあるようだ。

ブラジルは30年前からエタノール燃料の開発に取り組んできた。だが、1980年代にエタノール・ブームが沈静化し、エタノール専用車の売れ行きにブレーキがかかった。ところが、2003年に主要自動車メーカーがフレックス燃料車を発売してから、改めてエタノールへの注目が高まった。

これに、最近のガソリン価格の上昇が拍車をかけた。エタノールが1リットル当たり1・04ドル(約114・4円)であるのに対し、ガソリンは2・27ドルもする。

シボレー系列店イタコロミー・ビークル(サンパウロ)のマロイオ・デメニス・マネジャーは「市場は100%変わった。売れる新車はすべてフレックス燃料車で、中古車でもフレックス燃料車の方が1500ドルも高く売れる」という。

最近、国内で販売された新車の8割がフレックス燃料車。政府は13年までに全乗用車の50%をフレックス燃料車にする計画だ。

ただ、エタノールが85%のE-85燃料は燃費が悪い。1ガロン(約3・8リットル)当たりの走行距離が同じとすると、ガソリンの2・75ドルに対しE-85は1・95ドルでないと割高になる。メーカーにはより燃費効率のよいフレックス燃料車の開発が求められている

日本も見習わなければと思う今日この頃・・・・。

ミシュランガイド 東京版 11/20

仏タイヤメーカーが発行するレストラン格付け本「ミシュランガイド」の東京版(22日発売)の内容が19日発表された。最高の料理と評価される「三つ星」には、すし屋2店を含む計8店が選ばれた。日本料理の三つ星店は世界初。発表会見後、日本人初の三つ星シェフらが登場し、レセプションが行われた。

三つ星以外で東京版に掲載されたレストランの内訳は▽二つ星25店▽一つ星117店。三つ星を含む計150店は都市別で世界最多。また、三つ星8店はパリの10店に次いで多く、これでミシュランガイドの三つ星レストランは世界で68店になった。
東京版に掲載された店の6割以上を日本料理が占め、中にはふぐ料理やてんぷら、うなぎの専門店も。残る4割はフレンチやイタリアンなど。編集の総責任者のジャン=リュック・ナレ氏は会見で「食材の質や技法など、レベルの高さに驚かされた。東京は世界に燦然(さんぜん)と輝く美食の都だ」と話した。

ミシュランガイドは「ミシュラン」が1900年に創刊。レストランのほか、優れたホテルも掲載。「覆面」調査員が店を訪れ「料理の味と質」だけで評価を下す独自の調査手法で知られる。東京版は日本人2人と欧州人3人の計5人の調査員が、東京23区内の約1500店を1年半かけて調査した。これまでフランスやイギリス、米国など計21カ国が調査対象になり、世界で年間約100万部を発行。

★三つ星に選ばれた店★
・かんだ(和食)
・カンテサンス(現代風フランス料理)
・小十(こじゅう、和食)
・ジョエル・ロブション(現代風フランス料理)
・すきやばし次郎(すし)
・鮨水谷(すし)
・濱田家(和食)
・ロオジエ(フランス料理)

だそうです。
タイヤメーカーが格付けしてもイマイチピンとこないですね。

さみ~い、久々にノックダウン 11/19

強い寒気が南下した影響で日本列島は19日朝も全国的に気温が下がり、12月中旬並みの寒さとなった。九州の一部では放射冷却が重なり、最低気温が零度近くになった。東北では大雪の恐れもあり、気象庁が青森、秋田、岩手の各県に注意報を出した。

気象庁によると、鳥取などで初冠雪、名古屋などで初霜を観測。九州では熊本の最低気温が0・3度、都城(宮崎)が0・8度まで下がった。佐賀や厳原(長崎県対馬市)などでは初氷が観測された。

気象庁によると、上空の寒気は今後東に移動する見通しで、20日からは気温も上昇するという。

この寒さのせいなのか、久しぶりにダウンするほどの風邪をひいた。(続行中)
だいぶマシにはなってきたけれど・・・。
う~ん、早く直ってくれ。

首都高掘削中のシールドマシン 11/16

建設中の首都高速道路中央環状新宿線と3号渋谷線が接続する大橋ジャンクション(東京都目黒区)で15日、2本のトンネルを掘るため、1本のトンネルを掘り終わった巨大シールドマシンをUターンさせる作業が報道陣に公開された。

シールドマシンは外径13メートル、重さは2100トンもあり、油圧ジャッキ14台を使って立て坑の中を1時間に4.5メートルの速さで慎重に14メートルつり下ろされた。

通常、シールドマシンは部品ごとにつり下げて坑内で組み立て、1本のトンネルを掘り終わると解体して引き上げられる。マシンの“再利用”は珍しく、首都高速道路会社によると、これほど大きなシールドマシンを丸ごとつり下げる作業は世界でも初めてという。

中央環状新宿線は12月22日に5号池袋線-4号新宿線間が開通。今回公開された3号渋谷線までの区間は平成21年度に開通の予定。

4号線と5号線間が開通すると三宅坂JCTの渋滞が多少解消されるかな?とはいえ普段の自分にはあまり使用する場所ではないので関係ないか・・・。

首都高料金もうやむやの内に1200円で決定になりそうなので、もう使用する事はなくなるでしょう。
たぶん('◇')ゞ


DUNLOPタイヤ SCOOTLINE SX01 リコール 11/15

住友ゴム工業は14日、バイク用タイヤ「DUNLOP SCOOTLINE SX01」に表面がはがれやすい欠陥があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象は昨年12月から今年10月までにタイで製造された2万2464本。

製造工程が不適切だったため、タイヤ表面のゴム層と内部の繊維層の接着力が弱い。走行中に表面がはがれ、転倒する恐れがある。
タイヤの表面がはがれたり、変形するなどの不具合が7月から22件報告されており、転倒事故も2件起きている。

交換専用タイヤで、実際にどの程度装着されているか不明だが、進行方向右側の側面に「MADE IN THAILAND」の刻印があるなどの特徴がある。

アクションカム ATC-2Kがとっても気になる 11/14

米Oregon Scientific製のSDカード記録型防水ビデオカメラ「アクションカム ATC-2K」

本体に32MBメモリとSDカードスロットを備えた小型ビデオカメラ。主にバイクや自転車などでの自己視点撮影を想定し、ヘルメットや自転車のハンドルなどに取り付け可能な装着キットが付属する。

640×480ドットのCMOSセンサーを備え、AVI形式(映像Motion JPEG/音声WMA)で最大640×480ドット/30fpsで本体またはSDカードに記録。SDカードは2GBまでのサポートで、640×480/30fpsでは約1時間の撮影が可能。なお、製品にSDカードは付属しない。

本体のほぼ全部分をプラスチックとゴムで覆い、カードスロット/端子部にも2本のゴムリング付きキャップを装着することで水深3m(同社調べ)までの防水仕様を実現。雨や雪などでも撮影可能としている。小型ディスプレイを備え、動作状況をアイコンで確認できる。

パソコン接続用のUSB端子や、AV出力端子を搭載。バッテリは単3電池2本で、アルカリ電池利用時の連続撮影時間は約7時間。電池を除く重量は約120g。AVケーブルやストラップなどが付属する。

これ、ほしぃ~~!(`・ω・´)

デジカメや普通の家庭用ビデオに比べると値段が手頃。記録も最大1時間できるし、普段の使用には問題ないレヴェル。加えて防水仕様・・・。
サンプル動画を見たけどまあまあ見られるしいい
耐衝撃性が強ければ鬼に金棒状態だったのに・・・。

お遊びの小道具としてほしいなぁ・・・

トランスヒートコンテナ 11/13

省エネ対策のネックはエネルギーが保存できないことにある。火力発電所は最大ピーク時に合せて、消費電力が下がる夜間でも昼の1/2程度の発電を行っているし、原子力発電所は昼も夜もフル稼働だ。この余剰電力を蓄電できれば、エネルギー問題は大きく改善されるはずだが、バッテリーのような既存の蓄電技術ではまったくコストが合わない上に物理的にも不可能だ。

そこで一般的に使われているのが夜間電力を使ってお湯を沸かし、それで給湯を賄おうというもの。電力を熱の形で保存しておくわけである。

大量のエネルギーを保存する方法はほぼないのが現状だが、その中でも熱の保存はある程度道筋が見えている。1999年にドイツで開発されたトランスヒートコンテナは酢酸ナトリウムなどの潜熱蓄熱材(PCM)を使って工場や焼却場などから出る排熱を蓄熱、トレーラーに積んだタンクで任意の場所まで熱を運ぶシステムだ。

まず排熱でオイルを加熱、パイプを通じて熱交換器に集める。熱交換器はPCMが詰められたタンクを加熱する。PCMは常温では固体だが、加熱することで液化する。目的地の熱交換器をタンクのPCMで加熱、熱の放出が終わるとPCMは固体に戻る。

トランスヒートコンテナは石油を運ぶタンクローリーのようなトレーラーでPCMのタンクを運ぶ。熱源からだいたい10~20km程度の施設が対象だ。熱のチャージには約3.5時間、放出には約7時間が必要になるため、時間的な面では効率が良くないが、トランスヒートコンテナを扱う三機工業によると輸送距離30kmでの熱効率は91%。これは電力の53%、高温水輸送の37%に比べ、かなり高い。蓄熱した状態でPCMの温度は1日あたり1度程度しか下がらないため、1週間ほどは保存できるという。

青森県八戸市にある八戸港ポートアイランドでは三機工業のトランスヒートコンテナを使った熱の供給を予定しており、青森県栽培漁業センターでアワビ養殖の水槽の加熱に利用することが決まっている。

ごみ焼却場では温熱プールなどに廃熱を使っていたが、それは200度以上の高温部分で、それ以下の低温部は排熱されていた。PCMはそうした低温排熱も効率よく取り込むことができ、パイプの敷設などの大きなインフラ整備の必要なく熱の輸送が可能になる。

タンク1つで1世帯が必要とする熱量の55日分を賄えるとされており、将来、効率的な運用が可能になればプロパンガスのようにトランスヒートコンテナによる熱の配分ができるかもしれないし、家庭の廃熱をPCMで蓄熱、有効に利用することも考えられる。

軽自動車 ユーザー車検 備忘録 その3 11/12

いよいよ検査ラインへ

ここからは普通車と変わらず・・・。

まずは灯火類の検査と車体番号の確認。

ラインに入り、排ガス検査。
プローブをマフラーに突っ込み測定。OKが出たら記録用紙に記録して進む。(っていっても前が詰まっていて進めない('A`) )

続いてサイドスリップ。
線に沿ってゆっくり進む。テスター屋みたく狂っていたらブザーが鳴るのかな?鳴ったら恥ずかしいかも・・(笑)
サイドスリップ測定後、マルチテスターまでそのまま進む。
スピードメーター・光軸・ブレーキ・パーキングブレーキ測定。
ここのスピードメーター測定はパッシングで知らせるタイプだった。

続いて下回り検査。
乗車したままリフトアップされ、下でコンコンと金槌で叩くやつです。

全てOKが出ると、その先にある窓口で新しい車検証とシールを貰って終了!
建物に戻る必要がなく、ラインを出てそのまま帰宅。
ここも陸自と違っていて楽だなぁ。
大分前に札幌の軽自動車検査登録協会に行った事があるけど(友人の付き合いで)その時は検査終了後建物に戻ったような記憶があるな・・・。場所によって違うのかも。

掛かった費用
テスター屋:¥2,000
重量税:¥8,800
自賠責保険:¥25,000
検査料:¥1,400
用紙代:不明(推定数十円)
リサイクル費用:¥10,000ちょっと

合計:¥48,000弱

以上簡単ながらメモ代わり。

軽自動車 ユーザー車検 備忘録 その2 11/09

検査日当日

そのまま車検受けにいっても落ちる事は判っていたので、迷わずテスター屋へ直行!
軽自動車検査協会足立支局裏手にあるテスター屋「白光電機さん」で調整してもらいました。
足立の陸自付近には何件かテスター屋があるけど、軽の足立支局付近には「白光電機さん」しかなさそう・・・。
検査時間になると混みそうなので、13時ちょい前に到着!
おじさんに光軸とサイドスリップ調整して。とお願いしてラインに突入。
サイドスリップは一応見てもらおうくらいの感じだったが見事に「ブーーー」というブザー音が・・・('A`) 見ておいてよかった。
トーインを調整してもらい、続いて光軸。こっちはかなりズレていた。
以前自分でぐるぐる回していたからなぁ・・。おじさんはドライバでぐるぐる調整、時々ライトをバンバン叩いてた。ごめんね・・・おじさんm(_ _)m

光軸とサイドスリップで¥2000なり。

対応はとても丁寧で好感が持てた。料金も並くらいではないだろうか。
ここだったら次の車検時も利用する気になるなぁ。

で、意気揚々と足立支所に向かう。

まず、左側に建物に入り「ユーザー車検なんですけど」っていったら、どうやら暇だったらしく「車検証と自賠責、納税証明書見せて」なんて言われ渡すと共に自賠責の更新やらリサイクル券の発行やら勝手にやってくれた。その場で料金一括請求され、支払い。「そっちで待っててください」って言われ、暫くして名前を呼ばれて行くと「必要書類の準備はできましたので、あちらの建物の窓口に出してください」となんとも楽なシステムなのだろうか。それとも偶々やってくれただけかな??

陸自なら自賠責更新して、別の窓口で用紙買って、次の窓口で印紙買って、記入して、道路の向こうの建物に行って納税照明のはんこ貰って、受付して・・・・・。なんてめんどくさい作業があるのに、こっちは楽チンでいい。

次に右側の建物の5番窓口に書類を提出して予約番号を伝えるとOK。

後はライン検査なので、車列に並ぶ。

敷地が狭いせいもあってフルオートラインが1つのみ。前には20台ほどの検査待ちの行列・・・。

つづく

軽自動車 ユーザー車検 備忘録 11/08

愛車スズキエブリィが車検切れ間近だった為、ユーザー車検に行ってきました。

足立の陸自にはバイクや車の車検で何回も行っているのですが、軽自動車のユーザー車検は初めて。ちゅー事で次回車検時には忘れているであろう事もあるのでメモ代わりにっと・・。

軽自動車の車検を受ける場所は陸運局事務所ではなく、軽自動車検査登録協会?だったかな。足立支所が自宅から近いのでそこで受ける。

まずはユーザー車検予約の為TELする。陸自と同じで音声ガイダンスに従い番号を押して行くあれです。で、予約番号をメモメモ・・・。

●東京主管事務所 足立支所  TEL:03-3472-5551
その他の場所のテレホンサービス案内

予約した後で知ったが、ネットでも予約できるみたいですねヽ(゚∀゚)ノ

●用意するもの

・車検証 ←車に入ってる
・自賠責保険の証書 ←これも大概の人は車検証と一緒に入ってると思う
・自動車税納証明書 ←5月くらいに払うあれです。捨てずに大事に取っておきましょう。
・ユーザー車検予約番号 ←忘れやすい
・リサイクル券 ←2005年1月以降に新車を買ったor車検を受けた人は持っているはずです。
(かね)
以上


つづく

Windows で Java はもう使えない? 11/07

来年から Windows で Java が動かなくなる?Microsoft が、今年限りで、Java ランタイムエンジンの標準搭載をやめると発表したことから、Java が標準で利用できなくなるという話題が流れています。

これまで Microsoft は、独自の Java ランタイムエンジンとして Microsoft Java Virtual Machine(MSJVM)を開発し、自社の Windows OS に標準添付してきました。この恩恵により、ユーザーは Java を特に意識することなく利用できいました。ところが、Microsoft は、MSJVM のサポートを2007年12月31日で完全に終了させるというのです。

その後は Windows では Java は使用できなくなるのでしょうか?

12/6発売 スカイラインGT-R 11/06

10月24日のモーターショー開幕初日にGT-Rが復活した。車名からスカイラインがとれ『NISSAN GT-R』となり、「誰でも、どこでも、どんなときでも最高のスーパーカーライフが楽しめる」をコンセプトに。搭載エンジンは3.8L・V型6気筒ツインターボ480馬力にGR6型デュアルクラッチトランスミッションを採用。発売日は12月6日、価格は777万~834万7500万円である。

全長 4655mm 全幅 1895mm 全高 1370mm ホイールベース 2780mm
その他スペック エンジン:3799cc、V型6気筒ツインターボ、最高出力480ps/6400rpm

清洲橋・永代橋・勝鬨橋が重要文化財に指定 11/05

隅田川の東京の下町にかかる清洲橋・永代橋・勝鬨(かちどき)橋が今年6月に重要文化財に指定されたことを受け、その記念式典が行われた。都道府県の管理する道路橋が重要文化財に指定されるのは今回が初めて。

清洲橋は中央区日本橋中州から江東区清澄にかかる橋で、昭和3年(1928年)3月に竣工。国内では珍しい広幅員の自碇式連続補剛吊橋で、隅田川に架かる橋の中では最も美しい女性的なラインを持った橋とされている。橋長186.2m、幅員25.9m。

永代橋は中央区新川から江東区佐賀に架かっており、大正15年(1926年)12月の竣工。カンチレバー式タイドアーチ橋で、橋長184.7m、幅員25.6m。清洲橋とは対照的に力強いデザインから、最も男性的とされている橋だ。

そして中央区築地から同区勝どきにかかるのが、昭和15年(1940年)6月竣工の勝鬨橋。中央部分がハの字形に跳ね上がることで有名な、国内唯一のシカゴ形二葉式跳開橋である。隅田川の橋の中では最下流に位置。

禁固4万年@スペイン列車テロ犯 11/02

スペインの報道によると、2004年3月のマドリード列車同時爆破テロで殺人罪などに問われたイスラム過激派ら28被告の公判でマドリードの裁判所は31日、21被告を有罪とし、うち主犯格のモロッコ人ジャマル・ゾガムら2被告に約4万年の禁固刑を言い渡した。7被告は無罪とした。

公判では被告全員が無罪を主張していた。

191人の死者と1800人を超す負傷者を出したスペイン史上最悪のテロ事件だっただけに極めて重い量刑となった。ただ制度上、実際の刑期は最長40年にとどまる。同国刑法には死刑や終身刑の規定がない。判決を受けサパテロ首相は「正義はなされた。われわれは未来を見つめなくてはならない」と述べた。

有罪とされたのはモロッコ人やスペイン人ら。国際テロ組織アルカイダから思想的影響を受けていたが、直接の関係はなかったとされ、米国主導のイラク戦争に賛成してイラクに部隊を派遣した当時のスペイン・アスナール政権に反発しての犯行とみられている

住宅用地20年無償で貸与@茨城 11/01

茨城県大子町は来秋から、町内に移り住む人を対象に、300坪前後の農園付き住宅用地を20年間無償で貸与する。今年10月から募集の受付を始めたところ、600件を超える問い合わせがあった。山奥の土地がにわかに熱い視線を集めている。

貸与する土地は、営林署から払い下げを受けた同町山田の町有地。計画では、約1万6000平方メートルを15区画に分けて貸し出し、住宅を建てて住んでもらう。1区画は240~520坪という余裕の広さだ。

借り手の条件は、(1)大子町以外に現住所を有する概ね65歳以下の人(2)定住か年間90日以上滞在する(3)住宅は平屋とし、近隣の景観を損なわない外観で、町内の建築業者を利用する-など。借り手が好みの住宅を建築して土地を自由に使えるのが特徴だ。町では制度導入に向けて平成20年度に区画内の道路や水道、電気などの基盤整備を進めることにしている。

借り手には、3年間の家屋の固定資産税を受けられるうえ、木造住宅を建てる場合は50万円の助成を受けることもできるという“特典”も。町にとっても、住宅建築費や日常生活の消費などで、かなりの経済波及効果が期待できるというメリットがあるという。

町企画課は「団塊の世代などが家庭家庭菜園を楽しみながら田舎暮らしを味わうのに適している。工房を建てて芸術活動の拠点にしてもらってもいい」と話している。

募集期間は12月28日まで。11月23日午前11時から午後2時まで現地説明会を開くとともに、山田地区の住民との交流会も予定している。問い合わせは町企画課(電)0295・72・1131。

 | HOME | 

プロフィール

ありんこ

Author:ありんこ
旅行・アウトドア・バイクの話題等から社会問題までを適当、気ままに綴るブログ

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

 

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

 


最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。