てくてく行こう

趣味のバイクにおける出来事などのアバウトな日記。 バイク以外の事も書いてます。

スポンサーサイト --/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たばこ増税40~60円案浮上 「1箱1000円」は見送り 11/28

 年末の平成21年度税制改正で、たばこ増税の検討が進んでいる。景気後退により税収が大幅に落ち込むことが避けられないためだ。ただ、今年6月には「1箱1000円」も視野に入れた議連が発足したが、来年度に増税を実施したとしても、1本当たり2~3円の比較的小幅にとどめる案が浮上している。大増税はたばこの消費をさらに落ち込ませる懸念があるほか、税収予測も困難になるだけに、今年も小刻みな増税で税収の“帳尻合わせ”に利用される公算が大きい。

 日本たばこ産業(JT)の木村宏社長は27日、256万人の署名を持参して自民党に増税反対を訴えた。自民党では厚生労働部会がたばこ税の増税を要望。増収分を社会保障費に充当し、自然増の抑制幅を2200億円から圧縮する狙いがある。

 しかし、25日の自民党税制調査会の会合では、今年3月の成人識別カード「taspo(タスポ)」導入で、自販機の利用が減り、売り上げが激減している状況を考慮しなければならないなど、増税に否定的な意見が大勢を占めた。

 それでも、与党内では1本2~3円(1箱40~60円)増税する案が浮上した。背景には、景気の悪化で国税収入の大幅減が確実となる一方、衆院解散を控え、21年度税制改正論議が「減税一色」となっていることがある。これまでも「困ったときのたばこ税」と言われ、財源捻出(ねんしゆつ)に利用されてきた。木村社長は党本部で保利耕輔政調会長に陳情した後、記者団に「取りやすい所から、税源のためにたばこにいくというのは、税の公平性に反している」と訴えた。

 今年6月には、国民の健康促進の観点から大幅増税を目指す超党派の議員連盟が発足し、幹部は「少なくとも600円にする」と主張していたが、衆院解散をめぐる与野党の対立で活動が鈍化したこともあり、春先の勢いはない。

 規模にかかわらず増税に反対する木村社長は「(過去の増税は)たばこの消費減少を加速させただけで、税収増を果たせていない」と、増税回避を訴えた。

スポンサーサイト

グーグルマップ、相次ぐ情報流出 「非公開」でも閲覧可能 11/27

インターネットの地図検索サービス「グーグルマップ」で、閲覧状態になることを知らずに利用者が自作マップに個人情報を書き込み、情報流出させる事例が相次いでいる問題で、利用者側の要請でグーグル社が自作マップを削除しても、マップに記した個人情報が再び閲覧できてしまうケースがあることが25日、分かった。一つの自作マップでも、書き込まれたすべての情報を一度に消去できないためだ。同社は特別態勢を敷き、流出した個人情報の削除を進めているが、作業が終わるには数週間はかかるという。

 ▽教育現場

 問題となっているのは、ネット上の地図に複数の目印や説明文を示した自作マップを表示する「マイマップ機能」。

 自作マップに個人情報を書き込み、流出させた事例として目立つのが、小中学校などの児童・生徒の名前や住所。千葉県君津市の市立中学では、昨年度の3年生24人分の住所が流出。名古屋市市立中学でも1年生70人の自宅などの情報が流出した。ともに、担任教諭が家庭訪問に使うために作成していたという。

 文部科学省には今月上旬、東京都内の男性から、全国の小中高計35校で情報が流出しているとの指摘があった。

 同省が調べたところ、確認できただけで全国で約40校に上るなど、教育現場だけでも被害は拡大。他の学校でもマイマップ機能で児童・生徒の住所情報を流出させていないか、都道府県教委と政令市教委を通じて注意喚起したという。

 ▽削除に時間

 この機能は本来、情報交換のために飲食店や紅葉スポットといった、おすすめの場所を示すマップを想定していた。しかし、個人情報流出が相次ぐ状況を受けて、グーグル社はマップの作成者以外でも削除を申請できる窓口をネット上に開設、公式ブログでも注意を促した。

 しかし、申請を受けた同社が、マップのタイトルを削除しても、マップに書き込んだ目印や説明文のデータを一度に消去できないことが判明。同社は「緊急態勢で削除を急いでいるが、世界中の数千台から数万台のサーバーでデータを管理しており、完全削除には最大で数週間かかる」と説明している。

 ▽「限定公開」

 情報流出が相次いだのは、設定のわかりにくさに原因があるとの指摘も出ている。

 マップは「公開」と「非公開」のどちらかを選ぶ設定があったが、非公開は「マップ検索の対象から外す」という意味。個人情報を書き込んでいた利用者は、ネット上で非公開になると勘違いしたとみられる。非公開に設定しても、マップのURLを直接入力したり、ヤフーなど他社の検索エンジンで検索すると、検索結果として表示されてしまうという。

 このため、同社は非公開の設定を「限定公開」に呼び方を変更するとともに、ネット検索各社に対し、限定公開のマップを検索対象から外すよう要請している。

プリンター付きデジタルカメラ xiao(シャオ) 11/26

撮ってすぐに、その場でプリントできるプリンター付きデジタルカメラ。
米ZINK Imagingが開発し、「ゼロインク」技術により誕生したインク不要の「ZINK」紙を採用。
インクの交換や目詰まりなどがない。専用のフォトペーパーは約5×7.5センチのカードサイズで、裏面をはがしてシールとして使用できる。撮影した画像を分割する「マルチ機能」や、白黒やセピアに変換する「エフェクト機能」などの編集機能も搭載。

簡単な操作で手軽に写真を楽しめる。サイズは高さ149.5×幅74.5×厚さ25ミリ。重さ294グラム。価格は3万4800円。専用のフォトペーパーは20枚入りで880円。28日発売

今年も3億円の夢…年末ジャンボ宝くじ発売 11/25

一等と前後賞を合わせて最高3億円が当たる恒例の「年末ジャンボ宝くじ」が25日、全国で一斉に発売された。

 一等(賞金2億円)70本、一等の前後賞(5000万円)140本、二等(1億円)が140本。ジャンボ宝くじが発売されてから30周年を記念した「ジャンボ30年感謝賞」(100万円)も7000本ある。

 1枚300円で販売は12月19日まで。抽せん会は12月31日、東京都新宿区の東京厚生年金会館で。

今年は買おうかなぁ・・・。夢を買うのではなく現実が買いたい。

メキシコ市の国際空港で生活している日本人男性 11/24

メキシコ市の国際空港で生活している日本人男性が、旅行客や職員の注目を集めている。
フードコートでくつろぐ、あごヒゲいっぱいの男性は、9月2日にメキシコに降り立ってからの2カ月半、ずっとペニート・ファレス国際空港で生活している。

男性は、ブラジルに向かう途中に書類をなくし、経由地のメキシコで足止めとなっていたが、周囲の温かさに触れ、書類が整った今も空港を離れる気がない。

「映画『ターミナル』の日本人版」などと地元メディアに取り上げられ、男性はすっかり有名人となっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn/20081124/20081124-00000655-fnn-int.html

写真を見る限り、結構年齢がいったオヤジ。若者ならまだわかるが、2ヵ月半も・・・。もういいんじゃないの??
別にもう空港で生活する必要はないだろう?メキシコが気に入ったんなら普通に町で生活すればいいじゃん。やるんなら誰にも気づかれずにひっそりとやってくれ。
それか、もっと人の役に立つ事で目立ってくれよ。おっさん・・・。

今年最もお世話になったショートカットキーは? 11/21



ネットユーザーが今年お世話になったショートカットキーは?――アイシェアがユーザーに聞いたところ、1位は「Ctrl+C」(コピー)、2位は「Ctrl+V」(貼り付け)、3位は「Ctrl+Z」(元に戻す)。「基本とも言えるコピー&ペーストはよく利用されていることがうかがえる」という。しかし「Ctrl+C」を一度も使ったことがない人は20.9%、「Ctrl+V」は26.4%と、5人に1人以上いた。

 「今年ほとんど使わなかったが便利だと思っているショートカットキー」は、上位から「Alt+Tab」(実行中アプリの切り替え)、「Ctrl+A」(すべて選択)、「Windows+D」(デスクトップを表示)。一方で「Ctrl+W」(ウインドウを閉じる)、「Windows+E」(マイコンピュータを開く)、「Windows+F」(検索)などはほとんど知られていなかった。

 選択肢の中から一度も使ったことがないショートカットキーについて聞いたところ、上位から「Windows+M」(すべてのウィンドウを最小化)、「Windows+L」(ログオフ)、「Windows+F」(検索)となった。上位はWindowsキー関連が多かった。

私も「windows」キー関連ののショットカットは使った事がありませんねぇ。
頻繁に使うのはやっぱり「Ctrl」キーでのショートカットで、A・C・V・F・Zくらいですね。
あとは、「Alt」+「F4」も使います。
その他は殆ど使った事がないというか、知らないものも多数ある。
私の場合、やっぱり基本操作はマウスがメインだから、右手でマウス、ショートカットは左手でとなってしまうので、左手で使いやすいキーボード左側のショートカットが使いやすいかな?

道路降雪情報 11/20

最近、本格的に寒くなってきて、そろそろウインターシーズンも本番といった感じですね。
冬と言えばウインタースポーツ!スキー・スノーボード季節です。

で、気になるのがスキー場までの道路の積雪情報です。

ここで道路のライブ映像(画像)が見る事が出来ます。

社団法人 雪センター
http://www.yukicenter.or.jp/link/menu_03.html

しかし、社団法人雪センターなんてあるんですねぇ・・・。
天下り臭が漂ってますが、参考にしてみてはいかがでしょうか?

USB 3.0仕様が決定 11/19

USB仕様の策定を進める標準化団体「USB Implementers Forum(USB-IF)」は11月17日、データ転送スピードを高速化した次世代のUSB規格「USB 3.0」の最終仕様を発表した。

 USB-IFの会長で米国Intelのシニア・テクノロジー・ストラテジストのジェフ・レイバンクラフト(Jeff Ravencraft)氏は、カリフォルニア州サンホゼ市で開催中されたイベント「SuperSpeed USB Developers Conference」においてUSB 3.0の仕様を発表した。「SuperSpeed USB」とも呼ばれる新規格では、デバイス間の転送スピードはUSB2.0の10倍近く高速化するという。

 USB2.0の転送速度は、現在出回っているデバイスで利用するには十分なスピードを達成している。だが、レイバンクラスト氏によれば、デバイスがより小型化し、動画などマルチメディア・アプリケーションの利用が増加する将来に向けて、さらに高速な転送速度を実現するUSB 3.0が必要になったという。

 例えば、フラッシュ・ドライブから1GBのデータをホスト側に転送する際、USB2.0では33秒かかるが、USB 3.0ではわずか3.3秒で転送が完了するという。つまり、映画1本分のデータを、USBドライブからPCに転送する時間が1分以下になる。しかし、イベント会場で実際に行われたデモでは、データ転送レートは約3Gbpsにとどまり、USB-IFが主張する最大スピードの5Gbpsを下回った。

CDは買わない?――イマドキ中高生と音楽 11/18

“音楽CD不況”が続いている。カセットテープやMDと違い、CDの楽曲データをコピーするのは簡単。「YouTube」や「ニコニコ動画」にはさまざまな楽曲が動画付きで公開されており、「iTunes」や「着うた」も普及するなど、CDを購入せずに音楽を楽しむ手段が増えている。

 「最近の高校生はCDを『マスター』と呼ぶ」――ブログ「小鳥ピヨピヨ」に投稿されたこんな記事が話題になった。CDは「コピー元のマスター」という扱いで、1人が手に入れたらクラス中で回し、PCに取り込むのが当たり前らしい、という内容だ。

 実際に今の中高生は、CDにどのように接しているのだろうか。中学3年生男子(15)と高校2年生男子(16)、高校2年生女子(17)の3人と、大学1年生(20)に聞いてみた。

 音楽を全く聴かない人から好きなアーティストのCDは必ず購入するという人まで、4人の音楽への接し方はバラバラ。ただCDを「マスター」と呼ぶかについては、「呼ばない、聞いたことがない」と全員が答えた。また、全員が「YouTube」や「ニコニコ動画」の楽曲付き動画をBGMにしているか、そうしている友だちがいると話していた。

●好きなアーティストならCDを買う

 「好きなアーティストのCDは新品で購入し、ちょっと好きな場合は中古で買う。見つからなければ借りることもある」――中3男子CDの買い方は、“CD派”の大人と変わらなかった。高2男子も「本当に欲しかったら買う」という。

 メジャーな楽曲ならYouTubeなどを通じて聴くこともできるが、好きなアーティストのものならCDで欲しいという。理由は「カップリングが聞きたかったり、グッズとして欲しいから」。着うたは音が悪い上「携帯はいつもマナーモードだから」ダウンロードしないという。

 高2男子は「データだけでいい場合は借りるが、本当に欲しかったら買う」そうだ。「音は実体のないものだから、本好きな人が本を買うように、音が好きな人はCDを買う。わざわざ買うというのはアーティストへの尊敬の念」という意識だ。

 「いいものはCDで買うが、中途半端なアーティストは買われなくなる。消費者は頭がよくなったんだろう。ネットで落として聞く人は、その音楽に愛情がないんじゃないか」(高2男子)

●CDはマスターと呼ばない

 4人全員が「CDをマスターとは呼ばないし、呼ぶ人をも見たことがない」という。もともと音楽を聴かないという大学1年生(20)は「音楽を聴く友人でも、CDを『マスター』と呼んでいる人はいない」と話していた。

 残りの3人は、CDの貸し借りはするものの、クラス全員で回すことはないという。高2女子(17)は「これって、クラス全員が共通のCDを欲しがらないと発生しない状況だよね」と指摘する。好みが多様化した今では想像しにくい状況ではあるようだ。

 中3男子は「CDを持っている人は大切にするから、信頼できる人にしか貸さない」と話す。「貸してと言われても、雑に扱う人には『持ってない』と言う」――CDは彼にとって、「楽曲データを運ぶ媒体」以上の価値を持っているようだ。

●YouTubeやニコ動をBGMに

 YouTubeやニコニコ動画をBGMとして利用している中高生は多いようだ。中3女子は、YouTubeから楽曲付き動画ダウンロードし、動画の音声をMP3ファイルに変換して楽しんでいるという。

 中3男子も「欲しいCDでも買う余裕がないときはYouTubeで済ませることもある」と話す。ニコ動に投稿されている『作業用BGM』を聞くことも。DVDを買うお金はないから、YouTubeやニコ動で見ることもある」

 高2男子は「YouTubeはBGMとして聴いており、音楽のプロモーションビデオをダウンロードすることもある。ただ、音質が良くないのでMP3に変換したりはしない」という。

 ――今回、話を聞いたのはたった4人。これだけの結果で「中高生はCDを買っている」とか「CDをマスターとは呼ばない」と言い切ることはもちろん、できない。

 ただ、若者にCDが売れないのは「コピーが簡単」という理由だけではなさそうだ、と改めて感じる結果になった。

「外国産より国産品を購入」が89% 内閣府調査 11/17

内閣府は15日、「食料・農業・農村の役割に関する世論調査」の結果を発表した。食料品を購入する際に国産品と外国産のどちらを選ぶかという質問に対し、国産品との回答が同様の質問をした00年調査比7.1ポイント増の89.0%に上った。

 国産品を選択する理由(複数回答)は「安全性」が最も多い9割弱に達しており、中国製冷凍ギョーザによる中毒事件などを受け、輸入食品への不安が大きくなっていることがうかがえた。

 「とくにこだわらない」は10.1%(00年調査比6.4ポイント減)、輸入品は0.5%(同0.1ポイント増)だった。

 調査は全国の成人男女5000人を対象に個別面接方式で9月に実施、3144人から回答を得た。回収率62.9%。同種の調査は87年に始め、今回が7回目となる。

 将来の食料輸入に関する質問では、93.4%が「不安がある」と回答。理由(複数回答)は「国際情勢の変化で輸入が減ったり止まる可能性がある」が55.8%で最も多く、国際的な穀物や原油の高騰が国内の食品の値上げにはねかえった最近の事情を反映した結果となった

新ミサイルの試射@イラン 11/14




テヘラン(CNN) イラン国営メディアは12日、新世代地対地ミサイル「セッジール」の試射に成功したと伝えた。試射が実施された時期や場所は不明だが、ナジャール国防相が立ち会ったとされる。

国営イラン通信(IRNA)が同相の発言として伝えたところによると、セッジールは2段式で複合固体燃料を使用し、高速発射が特徴。AP通信はセッジールの射程が約2000キロで、イランが敵国とみなすイスラエルが入り、欧州南東部にも到達する可能性があると伝えた。

イラン国営テレビは、セッジール試写の映像を伝えた。米当局は国連安全保障理事会決議に違反するとして、あらためて反発を表明した。

ファルス通信によると、ナジャール同相は試射が昨年から計画されていたと述べ、最近の国際情勢や地域情勢とは無関係であると主張している。

こっちはトマホークの動画



海草から燃料 11/13

海中を漂う海藻をバイオ資源として活用する動きに注目が集まっている。中でも、海藻をバクテリアが分解し水素を取り出し、環境にやさしい水素電池の燃料として活用する「海藻水素発電」の実現に期待が高まっている。輸送コストがかさむことで、ガソリンなど燃料価格の高止まりに苦悩する離島にとっては、エネルギー問題の打開策につながりそうだ。

 今年10月、島根県隠岐諸島にある海士(あま)町で開催された海藻資源の活用策を探るシンポジウム。横浜国立大教育人間科学部の谷生重晴教授はコンブやワカメを沖合で養殖し、バイオマス燃料として活用するアイデアを提案した。

 海藻水素発電はコンブやワカメなどに含まれるマンニトールという糖アルコールの一種を原料として活用する。バクテリアによってマンニトールを発酵させ、水素を取り出す仕組みだ。これによってコンブ1トンからガソリン24リットル分に相当する水素が、水素自動車用燃料として生産できるという。

 人口約2200人の海士町では、この研究をもとに、町のエネルギーを海藻水素発電によってまかなおうという実証実験が始まろうとしている。計算上では、約5平方キロの海藻養殖場で、同町全世帯の電力をカバーできるという。

 海士町が海藻水素発電に着目したのは、離島ならではの、エネルギー問題が潜んでいる。離島のガソリン価格(レギュラー、1リットルあたり)には海上輸送費が上乗せされるためピーク時には200円台近くまで上昇した。漁船燃料の重油も軒並み上がり、島での生活を圧迫した。

 海藻をバイオマス燃料として活用することで、町内の電力の一部をカバーしようと実証試験を計画し、年内に海藻養殖用のいけすを導入する予定だ。

 漁船やバスの燃料にも水素を利用することで、隠岐を「水素アイランド」としてアピールする狙いもある。谷生教授は来年、海藻水素発電による大学発ベンチャー設立も予定している。谷生教授は「太陽光や風力発電では、エネルギー供給は限られる。日本近海で海藻栽培に本格的に取り組めば、日本のエネルギー自給率は飛躍的に向上する」と指摘している。

 海藻バイオマスを巡っては、東京海洋大、三菱総合研究所などを中心に、養殖した海藻からバイオエタノールを大量に生産する計画が進められており、未利用資源の海藻の有効利用が進みそうだ。

<定額給付金>課税所得1800万円、辞退の目安 11/12

政府・与党は11日、総額2兆円の定額給付金を巡り、自発的な辞退を促す高額所得世帯の基準について、07年の課税所得で1800万円を目安とする方針を固めた。サラリーマンの年収では2000万円以上に相当する。12日午前の自民、公明両党幹事長、政調会長らの会合で大枠を決定する。

 政府・与党は11日夜、細田博之自民党幹事長と北側一雄公明党幹事長が東京都内で会談するなど断続的に調整を続けた。その結果、市町村が発送する支給通知書で、課税所得1800万円以上の世帯に対し、受け取り自粛を求める一文を明記する案が有力になった。

 自営業などの事業所得者と給与所得者の双方に分かりやすい基準とするため、年収ではなく控除後の課税所得で統一する方向だ。

 政府の06年国民生活基礎調査によると、年間所得1800万円以上の世帯は1%台で、麻生太郎首相の当初の方針である「全世帯配布」にも沿うと判断した。

 また、年収2000万円を超える給与所得者は確定申告の対象となることから、政府筋は「ここでの線引きが高額所得として理解が得やすい」と説明している。

 給付金を巡っては、(1)高額所得世帯の目安となる金額(2)基準年はいつか--の2点が焦点となっていた。具体的な支給方法は今後、総務省の「生活支援定額給付金実施本部」で口座振り込み方式などを検討する。

課税所得が1800万円だ~???ホントダメダメだヾ(・д・` )ネェネェ・・・。そんなに所得ある奴なんていったいどのくらいいるのよ、国民のほんの一握りだろう?
そんな奴らは物価が高くなっても、収入だけでやりくりできるんだよ。
経済対策なんだから、もっと一般市民レベルで考えなきゃ意味ね~ジャン。
カップラーメンの値段を「¥400ぐらい?」と答えるようなレベルの麻生が考えるような事だから本当に意味ない。選挙に勝ちたいためだけだろう?
単に選挙前に金バラ撒いて、後で消費税UPで元金以上を回収。地方の高速道路¥1000っていう発送だって民主党の無料化に対抗して打ち出した選挙対策案だしな。
定額給付金なんて要らないから、もっと一般市民に優しい経済対策案を考えられんもんかねぇ?
考えてる奴らが一般市民レベルじゃないから、いくら考えてもダメなのは判りきってるけどね。

来春はちょっとつらそう…スギ花粉の飛散は今年の2倍以上 11/11

花粉症の人はご注意を──。来春のスギ花粉の飛散量が今年に比べ、「2倍以上になる地域もある」と、日本気象協会が予測している。

 前年夏の気温が高く、降水量が少ないほどスギの花芽が育ちやすくなるためで、今夏の暑さが厳しかった地域ほど、飛散量が多くなるとみられる。

 同協会は東海、近畿、中国、四国地方と九州では「非常に多くなる」(今年の2倍)、東京、神奈川、千葉、群馬、山梨の5都県では「同じか多い」(同1・5倍)としている。

 林野庁などによると、スギの花芽の生育は夏場の気候に左右される。この時期に高温で日照時間が長く、降水量が少ないほど、多くの花粉ができる。

 今年の夏は平年と比べて全国的に気温が高く、降水量も少なかった。気象庁のデータでは、関東甲信地方で平年に比べ0・4度、東海地方で0・6度、中国、四国地方で0・7度など、各地で平年を上回った。降水量も、関東甲信地方は平年並みだったが、近畿、四国地方などの西日本では平年の5~8割程度だった。

宝くじ不振 11/10

「不況に強い」とされてきた宝くじの販売が低迷している。

 中高年が主な購買層であるため、年金生活に入って購入を手控える人が増えているという。収入の不安定な派遣社員らが多くなり、景気悪化の影響を受けやすくなっているとの見方もある。2008年度の販売額が、00年度以来、8年ぶりに1兆円を下回る可能性が出てきた。

 「少し前まで10枚以下の注文なんてなかったのに、最近は3~5枚単位で買うお客さんが増えた」。大阪市で最大級の売り上げを誇る難波の宝くじ売り場で、販売歴20年の永井健子さん(68)は苦笑いする。

 1億円以上の当選本数が累計で全国最多という大阪市北区の大阪駅前第4ビル特設売り場では、今年の「サマージャンボ」でも1等(2億円)が3本出たが、売り上げは減っているという。

 07年度の宝くじの年間販売額は、前年度比4・5%減の1兆442億円と、2年連続で前年実績を下回った。08年度も、7~8月に販売した「サマージャンボ」の売り上げが前年と比べ6・1%減った。25日に発売される「年末ジャンボ」も苦戦が予想されている。

無線LANのセキュリティ規格「WPA」の暗号鍵が部分的に破られる 11/07

現在、多くの無線ネットワークで利用されているセキュリティ規格「WPA(Wi-Fi Protected Access)」で用いられている暗号鍵の一部を破る手法を発見したとするセキュリティ研究者が現れた。

 この攻撃手法は、現実のWi-Fi環境下でWPAの暗号化を破りうる初めての手法であると説明されている。詳細は、来週12日から東京で開催される「Pac Secカンファレンス2008」において研究者の1人であるErik Tews(エリック・テューズ)氏が解説する予定だ。

 PacSecカンファレンスの主催者、Dragos Ruiu(ドラゴス・ルイウ)氏によると、テューズ氏と共同研究者のMartin Beck(マーティン・ベック)氏は、WPA規格が採用している鍵更新アルゴリズム、TKIP(Temporal Key Integrity Protocol)で定期的に生成/更新される暗号鍵(セッション・キー)を、12~15分という比較的短い時間で突き止める方法を発見した。今回の手法で解析できるのは、アクセスポイントからWi-Fiデバイス(ノートPCなど)へデータを送信する際に使われる暗号鍵で、これを悪用すれば通信の盗聴や成り済ましといった攻撃が可能になる。逆に、Wi-Fiデバイス側からアクセスポイントへの通信に用いられる暗号鍵は破ることができなかったとしている。

 セキュリティ専門家の間では、以前からいわゆる「辞書攻撃」の手法によって、TKIPで生成される暗号鍵を解析することが可能であることが知られていた。膨大なコンピューティング・リソースを使い、辞書データに基づく暗号鍵の推測を膨大な回数繰り返すことで、「理論上は」暗号鍵を破ることができる。

 だが、今回テューズ氏とベック氏が発見した攻撃手法は、この辞書攻撃の手法は利用しないという。

 彼らは攻撃の第1段階として、WPAのアクセスポイントをだまして大量のデータを送信させる方法を見つけた。これらのデータは同じ暗号鍵を使って暗号化されているため、暗号鍵を解析するための手がかりとなる。このテクニックを「数学上の大発見」と組み合わせることで、前述したような手法よりもはるかに短い時間で暗号鍵を解析することができるようになった、とルイウ氏は説明する。

 ルイウ氏によれば、テューズ氏は今回の研究成果を今後数カ月以内に学術誌で発表する予定だ。また2週間前には、ベック氏の手によって、Wi-Fiハッキング・ツール「Aircrack-ng」に今回の攻撃手法を実行するコードの一部が追加されたという。

 なお、より新しいWi-Fiセキュリティ規格「WPA2」は、今回発見された攻撃手法に対しても安全である。ただし、WPA2対応のアクセスポイントの多くはWPAもサポートしているので、注意が必要だ。

『Windows 7』が早くもファイル共有ネットワークに流出 11/06

Microsoft は、同社主催の開発者向け年次イベント『Professional Developers Conference (PDC) 2008』(10月30日閉幕) において、参加者に『Windows 7』のプレベータ版を配布したばかりだが、早くも同版が流出している。

今では、複数の『BitTorrent』サイトを通じ、PDC の参加者が受け取った版の複製物を誰でもダウンロードできる状態にある。もちろん、PDC 参加者のように160GB の無料外付けハードディスク ドライブを手にすることはできないが。

Windows 7 は、『Windows Vista』で明らかになった問題に対処する、いわば遅ればせながらの「修正版」だ。Windows Vista では、性能不足、ユーザー アカウント制御機能の不備などの厄介な問題、ドライバ対応の整備遅れといった課題が明らかになっている。

Microsoft は、Windows Vista の販売実績が合計でおよそ1億8000万本に達したと主張し、売れ行きは好調だとして体裁を保とうとしているが、同社 CEO (最高経営責任者) の Steve Ballmer 氏は最近、Windows 7 を「Windows Vista の改良版」と表現した。つまり、Windows 7 は低迷する Windows Vista に取って代わるものということだ。

Windows Vista の一般消費者向け出荷が始まったのは2007年1月で、公式には、Windows 7 の出荷がそのおよそ3年後、すなわち2010年1月前後になるという予定があるだけだ。しかし、ある情報筋が9月、取材に対して語ったところによれば、 Microsoft は Windows 7 の RTM (製造工程向け出荷) 版について、2009年6月のリリースを目指しているという。

以前、『Windows Vista Service Pack (SP) 1』や『Windows XP SP3』のプレリリース版といった、Microsoft 製品のコードがファイル共有ネットワークに流出した際と同様に、今回も同社はユーザーに対し、Microsoft の管理下にないサイトからダウンロードしないよう警告を発した。

Microsoft の広報担当者は取材に対し、Eメールで次のような回答を寄せた。「当社は Windows 7 のコードを一般に公開しておらず、一般消費者や企業が正規ではないサイトからソフトウェア (取り扱い方法を含む) をダウンロードすることは、各自の環境に危険を及ぼしかねないため、注意して欲しい」

2008-2009 COTY 10ベストカーを選出 11/05

日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)の実行委員会は4日、都内で選考会議を開き、11日の最終選考会に残る「10ベストカー」を選出した。選考対象は 2007年11月1日より2008年10月31日までに発表された国産車および輸入車の新型モデル。選考委員による投票で10位と11位の得票が同数となったため、規定で11台が最終選考に残った。

11ベストカーに選出されたのは以下の通り(順不同)。

トヨタ『iQ』
シトロエン『C5』
フィアット『500』
アウディ『A4』
ホンダ『フリード』
ジャガー『XF』
スバル『エクシーガ』
マツダ『アテンザ』
日産『GT-R』
スズキ『ワゴンR/スティングレー』
ダイハツ『タント』

10日に11ベストカー試乗会/選考会投票が、翌11日に開票および表彰式がおこなわれて2008-2009日本カー・オブ・ザ・イヤーが決定する。賞は昨年同様「日本カー・オブ・ザ・イヤー」「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」に加えて特別賞として「MOST ADVANCED TECHNOLOGY」「MOST FUN」「BEST VALUE」の3賞が設けられている。

伊豆ツーリング 11/04

この休みに友人と伊豆ツーリング行ってきました。

待ち合わせは東名高速の港北PA・・・だったのですが、私が痛恨の寝坊Σ(・∀・;)で待ち合わせを海老名SAに変更。予定より2時間遅れの待ち合わせとなってしまいました・・・( TДT)ゴメンヨー

さすがに連休だけあって、混んでる混んでる。高速も用賀から海老名までずっと渋滞、「金払ってコレかよ」と何時ものようにすり抜けしながらの独り言。
海老名SAでもバイクの台数が多い多い。年齢層も高いオッサンが多い。私もオッサンだが・・・。

毎度の事、厚木ICを過ぎると渋滞は解消され快適に流れる。富士山を見ながら、一路沼津ICまで快走。さすがに写真は取れなかった・・・。

特にこれと言って予定もなく、なんとなく伊豆に行って、東側は渋滞が予想されるので西側から回ろうとしか考えていなかったので、とりあえず西海岸を南下する。

目的地がないので、ただ、ただ、走る。マップルに載っていた宇久須の小鯵寿司の店で昼食休憩
。時間は午後1時になろうとしているのに混んでるよ・・・( ゚д゚)
マップルに載っているからライダーもいたけど、車の客も多かった。有名な店なのか??
これが外れ・・・・値段は観光地価格、量はショボイ。回転寿司で食った方が( ・∀・)イイ!!

気を取り直して石廊崎までまったり進む事にした。
唯一写真を撮ったのがここ石廊崎。なんとなく来たけれど、思いのほかヨカッタ!
風は強いし、波は荒い、これぞ海原といった感じ。



石廊崎



後は特に書くことがないんで省略・・・

今年最後になるであろう、このツーリング。なんか不発に終わった感が否めない。

リアタイヤもセンターがスリップサインでてるから、替えてやらないといけななぁ。サイドはバリ山なんだが・・・・。もったいないもったいない。

 | HOME | 

プロフィール

ありんこ

Author:ありんこ
旅行・アウトドア・バイクの話題等から社会問題までを適当、気ままに綴るブログ

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

 

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

 


最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。