てくてく行こう

趣味のバイクにおける出来事などのアバウトな日記。 バイク以外の事も書いてます。

スポンサーサイト --/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows XPの「メインストリーム・サポート」が終了、14日から「延長サポート」に移行 04/15

米国Microsoftは4月13日、かねてからの予定どおり、14日以降Windows XPを「メインストリーム・サポート(mainstream support)」段階から「延長サポート(extended support)」段階に移行させると発表した。

 Microsoftのコンシューマー向け製品メインストリーム・サポートは、通常は5年で終了することになっている。だが、XPの後継バージョンである Windows Vistaが投入されるまでかなり間隔が開いてしまったため、XPの場合はメインストリーム・サポートが7年半続くことになった。

 同社は2年半前、企業向けのXP Professional Editionに合わせるかたちで、XP Home EditionとXP Media Center Editionのメインストリーム・サポートを2009年まで延長。併せて、延長サポートも2014年までに変更した。

 Microsoftによると、延長サポートの下で提供されるのは有料サポートだけになるという(サポートを受けるたびに料金を支払うか、前払い方式のサポート・プログラムを利用する)。セキュリティ関連以外のホット・フィックスも有料となり、Extended Hotfix Supportを購入した顧客にのみ提供されることになる。

 ただし、セキュリティ・アップデートは例外だ。5年後の2014年4月8日まで、Windows Updateを通じて無料で提供される。

 不振のVistaに代わり、XPは企業ユーザーの間で高い支持を得ている。調査会社Dimensional Researchが企業のIT専門職1,100人を対象に行った最近の調査でも、所属する企業や組織でXPが使われていると答えた人は全体の97%を占めた。

 数日前に報じられた、XPに関するルールの緩和も、こうしたXP人気が背景にある。XP搭載PCの新品販売を継続したいと考えているコンピュータ・メーカーに考慮して、Microsoftがルールを緩めることを示唆したとされるメモが明らかにされた。

 そのメモによると、OEM各社は、新品のマシンに「XP PC」と表示することが認められるようになり(2008年6月以降認められていなかった)、Windows 7リリース後6カ月間はXPへのダウングレードも可能になるという。

 ただしMicrosoftの広報担当者は、13日付けの電子メールで、こう述べている。「コンピュータ・メーカーが提供する新品のマシンでXPをサポートするのはメーカー側であり、当社ではない。XPがプリインストールされたマシンを購入した顧客は、購入の際にOEMが定めるサポート・ポリシーに従うことになる」

 ちなみに、Office 2003のメインストリーム・サポートも、14日をもって延長サポートに移行する。

スポンサーサイト

タイヤ交換 04/10

バイクのリアタイヤを交換。今まで履いていたのはBSのBT014、センタースリップサイン、サイドはバリ山というヘタレ・・・orz。
リアタイヤはサイズの関係で銘柄を選べるから散々迷った。迷った挙句ピレリのドラゴンスーパーコルサプロというタイヤにしました。しかも金銭的な問題から中古・・・。

SANY0463.jpg

まずはバイクのリア周りを上げてタイヤを外す。

SANY0462.jpg

き・汚たねー、タイヤ交換は今までタイヤ屋まかせだったので、買ってからホイールを洗った記憶がない。
数年間分の汚れとチェーンオイル、ブレーキパッドのカスが混ざり合ってとんでもない事になってるやんけ。



とりあえずホイールを洗うが途中で面倒になって洗い易い部分だけ洗うことに変更するが、30分はかかった。
ここで問題発生!洗っているうちに気づいたが、ホイールベアリング逝ってるやんけ・・・。

ここで見過ごす訳にもいかず、仕方ないのでベアリングも交換する事にした。部品頼まなきゃ。
それにしても前回リアホイールベアリングを交換してから約3年、走行距離にして約1万Km。
そんな程度で逝くものか??
ちなみにフロントは一回も変えた事がない。そろそろヤバイかもしれんなぁ。

SANY0464.jpg

部品がないので、とりあえずタイヤ交換。
タイヤ交換は直ぐ終わったけどホイールに傷がついちゃったよ。めんどくさがってリムプロテクター付けなかったのがいけなかった。まぁいいか・・・。

外したところしか写真とってない・・・orz

SANY0465.jpg

タイヤ交換後ベアリングを取り外しにかかる。
ベアリングプーラーなんていう専用工具を持ってないので、アンカーボルトを代用した貧乏なんちゃってベアリングプーラーでベアリングを外す

SANY0468.jpg

外してみると、ベアリングだけでなくカーラーにも錆が

SANY0469.jpg

「興味本位で中はどうなってんのじゃ?」とベアリングのシールを外すと・・・こんな感じです

SANY0467.jpg

それにしても汚ね~~・・・。

・・・・つづく。

スズキのワゴンRが5年連続トップに 車名別新車販売台数 04/07

日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽協)が6日発表した平成20年度の車名別新車販売台数によると、スズキの軽自動車「ワゴンR」が5年連続でトップとなった。ベスト10のうち上位3位を軽自動車で占めるなど、低コスト・低燃費に敏感な消費者の購入姿勢を反映したランキングとなった。

 2位はダイハツ工業の「ムーヴ」、3位は同「タント」が入った。軽以外ではホンダの小型車「フィット」が4位で、軽自動車を除く登録車では2年連続でトップとなった。

 タントは19年12月の全面改良効果により、大きく販売を伸ばした。全高が1・75メートルと軽自動車の中ではトップクラスで、広い室内空間などを売りに小型車から軽自動車に乗り換える消費者をうまく取り込んだ。

 10位以内をメーカー別にみると、ダイハツとトヨタが3車種ずつ、スズキ、ホンダが各2車種。日産自動車は1車種も入らなかった。

 トヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」は、前年度比15・6%増の7万618台となり、2けたの伸びになった。5月に新型車が発売される予定で、モデル末期となったものの、軽を除いた登録車ランキングで19年度の11位から、5位に躍進した。昨年夏にかけてガソリン価格が急騰するなか、燃費のよいハイブリッドカーに注目が集まった。


政府のミサイル情報伝達、ネット企業は対象外 04/01

北朝鮮の弾道ミサイル発射問題で、発射を知らせる政府の情報伝達先にインターネットのポータル(玄関)サイトを運営するネット企業が1社も入っていないことが31日、分かった。ミサイル発射の一報が、瞬時にネットに流れない可能性もある。速報性が売りで、情報収集源として利用者が増加しているネットだが、重要な情報を伝達する媒体としては認識されていなようだ。

 発射の一報は、内閣官房の緊急情報ネットワークシステム「Em-Net(エムネット)」を通じて、電力・ガスといった生活インフラ企業、交通機関、テレビ・ラジオの放送事業者などに伝えられる。これらの事業者は指定公共機関として、有事の際の物資輸送や警告放送などの役割を担うが、現在のところネット企業はすべて除外されている。

 ヤフーやNTTレゾナントなどの大手ネット会社は、提携先の新聞社や通信社からミサイル発射の記事配信を受け次第、ネット上に流す考えだ。しかし、内閣官房から情報を受けるテレビやラジオに速報性で後れをとる可能性は高い。

 気象庁が提供する緊急地震速報はネット企業にも配信されており、NTTレゾナントの場合、受信から30秒以内に、震度や震源地などの情報を伝えられるという。

 情報通信インフラとして生活に不可欠となっているネットだが、既存メディアとの格差が依然として存在するようだ。

 | HOME | 

プロフィール

ありんこ

Author:ありんこ
旅行・アウトドア・バイクの話題等から社会問題までを適当、気ままに綴るブログ

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

 

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

 


最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。