てくてく行こう

趣味のバイクにおける出来事などのアバウトな日記。 バイク以外の事も書いてます。

スポンサーサイト --/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次期戦闘機 米がF35購入を打診 空自、F22困難に 05/24

航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)の選定を巡り、浜田靖一防衛相が今月1日に訪米した際、ゲーツ国防長官から戦闘機F35の導入を打診されていたことが23日、分かった。会談では、防衛省が最有力候補にしてきた最新鋭のステルス戦闘機F22について、ゲーツ長官が禁輸条項を理由に輸出は困難と説明した。米側がF35購入を強く促したことで、F22の導入は困難な状況となった。

 F22は現状では世界最高水準のステルス技術を内包しているため、技術の流出を懸念する米議会の意向で輸出禁止措置が取られている。さらに4月、ゲーツ長官が、現在計画中の187機で生産を終了し、米軍には最新鋭ステルス機で英豪などと共同開発しているF35の導入を推進することを表明していた。

 浜田防衛相とゲーツ長官はワシントンで会談。ゲーツ長官が米議会の状況について説明した。この中で、F35の機種名を挙げて、日本側が選定するよう示唆したという。浜田防衛相は「防空能力のしっかりしたものを考えたい」と述べ、F22を選択肢として残す意向を示したが、米側は軍事機密優先という構えを崩しておらず、防衛省では「F22導入が難しいのは間違いない」(幹部)との見方が大勢だ。

 防衛省はFX候補として、F22とF35のほか欧州の共同開発によるユーロファイター・タイフーンなど計6機種から選定作業を進めてきた。中でも高度のステルス機能を有し防空能力が群を抜くF22が本命とされていた。F35は1機約90億円で1機約140億円のF22よりも価格が安いが、ステルス性能が劣り、実戦配備は14年ごろの予定となる。


この世界同時不況で多額の借金を増やしてしまったアメリカが武器商人となってF35を押し付けてきやがったか・・・。しかもF22はいくら同盟国でも渡したくないと見える。この事に対して「ハイハイそうですか」といって素直にF35を買ってしまうこの国の役人もアフォだがな。
憲法改正する気がないなら買い換えてもしょうがないだろうに、F35なんて要らないんじゃないの?
ただでさえこの不況で麻生が金ばら撒いて借金大幅増になってるんだからよ。まあそりゃ麻生はいいよ、今この国の借金が増えたところで本人は関係ないんだからさ。本人が生きてるうちは税金なり何なりが上がったところで議員やってりゃそんな端金痛くも痒くもないだろうし。一番困るのは一般市民だぜ。それも小企業や零細企業で働いてる奴らにとっちゃ死活問題とまではいかないまでも、もうアップアップ状態だよ。
裁判官制度なんてやらないで、政治家の評価制度とかやったほうがいいんじゃないの?問題ある政治家は速攻クビでいいよ。オザワとか・・・・・。

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://santablog.blog84.fc2.com/tb.php/508-44c8ee26

 | HOME | 

プロフィール

ありんこ

Author:ありんこ
旅行・アウトドア・バイクの話題等から社会問題までを適当、気ままに綴るブログ

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

 

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

 


最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。