てくてく行こう

趣味のバイクにおける出来事などのアバウトな日記。 バイク以外の事も書いてます。

スポンサーサイト --/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows XPの「メインストリーム・サポート」が終了、14日から「延長サポート」に移行 04/15

米国Microsoftは4月13日、かねてからの予定どおり、14日以降Windows XPを「メインストリーム・サポート(mainstream support)」段階から「延長サポート(extended support)」段階に移行させると発表した。

 Microsoftのコンシューマー向け製品メインストリーム・サポートは、通常は5年で終了することになっている。だが、XPの後継バージョンである Windows Vistaが投入されるまでかなり間隔が開いてしまったため、XPの場合はメインストリーム・サポートが7年半続くことになった。

 同社は2年半前、企業向けのXP Professional Editionに合わせるかたちで、XP Home EditionとXP Media Center Editionのメインストリーム・サポートを2009年まで延長。併せて、延長サポートも2014年までに変更した。

 Microsoftによると、延長サポートの下で提供されるのは有料サポートだけになるという(サポートを受けるたびに料金を支払うか、前払い方式のサポート・プログラムを利用する)。セキュリティ関連以外のホット・フィックスも有料となり、Extended Hotfix Supportを購入した顧客にのみ提供されることになる。

 ただし、セキュリティ・アップデートは例外だ。5年後の2014年4月8日まで、Windows Updateを通じて無料で提供される。

 不振のVistaに代わり、XPは企業ユーザーの間で高い支持を得ている。調査会社Dimensional Researchが企業のIT専門職1,100人を対象に行った最近の調査でも、所属する企業や組織でXPが使われていると答えた人は全体の97%を占めた。

 数日前に報じられた、XPに関するルールの緩和も、こうしたXP人気が背景にある。XP搭載PCの新品販売を継続したいと考えているコンピュータ・メーカーに考慮して、Microsoftがルールを緩めることを示唆したとされるメモが明らかにされた。

 そのメモによると、OEM各社は、新品のマシンに「XP PC」と表示することが認められるようになり(2008年6月以降認められていなかった)、Windows 7リリース後6カ月間はXPへのダウングレードも可能になるという。

 ただしMicrosoftの広報担当者は、13日付けの電子メールで、こう述べている。「コンピュータ・メーカーが提供する新品のマシンでXPをサポートするのはメーカー側であり、当社ではない。XPがプリインストールされたマシンを購入した顧客は、購入の際にOEMが定めるサポート・ポリシーに従うことになる」

 ちなみに、Office 2003のメインストリーム・サポートも、14日をもって延長サポートに移行する。

キングソフト、Googleと共同開発の無料辞書ソフト 翻訳機能も搭載 03/27

キングソフトは3月26日、無料の国語・英和・和英辞書ソフト「キングソフト辞書」のダウンロード配信を始めた。中国の本社・金山軟件がGoogle中国と共同開発した「Google-Kingsoft Ciba」の日本語版で、単語の意味の検索や発音の確認、「Google翻訳」を活用した日中・日英翻訳などが可能だ。

【拡大画像や他の画像】

 同社の沈海寅社長は「市販されている辞書ソフトはたくさんあるが、どれも高い。辞書サイトはWebブラウザを立ち上げてアクセスし、単語を入力するというステップがちょっと面倒」と、無料かつブラウザ不要で利用できるキングソフト辞書のメリットをアピール。広告や有料機能の追加で収益化していく計画だ。

●日英・日中の相互翻訳、単語帳作成や「マウスオン辞書」も

 ソフトを起動すると、検索窓と、単語の意味を表示するスペースを表示。検索窓に単語を入力すると、単語の意味や例文などを表示する。単語を音声で読み上げる機能も備えた。

 オンライン時は三省堂「デイリーコンサイス」の英和・和英・国語辞典、オフライン時は旺文社の国語辞書、「ポケットコンプリヘンシブ」の英和・和英辞典と、フリーソフト和英辞典「EDICT」が使える。

 「Google翻訳」の翻訳エンジンを搭載し、日英・日中の相互翻訳が可能。オンライン時にツールバー上の「翻訳」をクリックし、フォームに文章を入力するか、翻訳したいサイトのURLを入力すれば、翻訳結果を表示する。

 PDFファイルやWebサイト上などで、単語にマウスカーソルを合わせると、意味をポップアップ表示する「マウスオン辞書」や、文章を選択するとポップアップで翻訳結果を表示する「ハイライト翻訳」といった機能もある。

 単語帳を作る機能も備えた。登録した単語の意味を問う問題などを自動作成するテスト機能や、単語帳に登録した言葉をPCのデスクトップ上に次々に表示する「ラーニングバー」機能もあり、学習に役立てられるとしている。

 対応OSはWindows 2000/XP/Vista。同社のWebサイトで無料でダウンロードできる。

 今後、操作画面に広告を表示したり、法律など専門用語や多言語の辞書機能を有料で追加できるようにするなどして収益を得る計画。iPhone用アプリも開発中だ。

●格安オフィスソフトは「Office 2007」のファイルに対応 無料セキュリティソフト新版も

 同日、格安オフィスソフトの新版「KINGSOFT Office 2010」と、セキュリティソフトの新版「Kingsoft InternetSecurity U Service Pack1」も公開した。同社のサイトでダウンロードできる。

 Office 2010は、ワープロソフト「Writer2010」、表計算ソフト「SpreadSheets2010」、プレゼンテーションソフト「Presentation2010」で構成。新たに、「Office2007」用ファイルの読み込みに対応したほか、用意されたプラグインから欲しいものを選んで機能を追加できるようにした。価格は3本セットの「Standard Edition」が4980円、各単品は1980円。パッケージ版は4月24日に発売する。

 InternetSecurity SP1は、「Windows Live Messenger」での通信を暗号化して情報漏えいを防ぐ機能などを新たに搭載した。広告付きの無料版と、広告無しで無料だが更新料が必要なバーションがある。パッケージ版は4月下旬に発売する。

Google Chrome、ハッキングコンテストで唯一の生き残りブラウザに 03/24

カナダのバンクーバーで3月18~20日に開催されたハッキングコンテストPwn2Own 2009で、参加者らはGoogleのChrome以外の主要Webブラウザすべてのハッキングに成功した。このコンテストはカナダのセキュリティ企業 dragostech.comが2007年から毎年開催しているもので、今年はWebブラウザと携帯端末のセキュリティ侵入のテクニックが競われた。

 ターゲットとなったWebブラウザは、Windows 7搭載のソニーのVAIOにインストールされたInternet Explorer(IE)8、Firefox、Chromeと、Mac OS X搭載のMacBookにインストールされたSafariとFirefox。Webブラウザの脆弱性を突くコード(エクスプロイトコード)の実行によってセキュリティを破った参加者に、1バグ当たり5000ドルの賞金とノートPCが贈られるというルール。

 まず初日のコンテスト開始後2分以内にチャーリー・ミラー氏がSafariのハッキングに成功。その後IE 8とFirefoxも初日にハッキングされた。

 IE 8のハッキングに成功したNilsと名乗る参加者が2日目にChromeに挑戦したが、侵入できなかった。

 携帯端末部門はBlackBerry、Android携帯、iPhone、NokiaのN95、Windows Mobile搭載のHTC Touchをターゲットに賞金1万ドルが懸けられたが、ハッキングに成功した参加者はいなかった。

100円パソコンはどうなの? 03/13

今、量販店に出向くと、「100円」という大きな文字を掲げて販売しているパソコンを何種類も見かけます。あまりにも安い価格設定に驚かれた方も多いのではないでしょうか。これら100円で販売されているパソコンとは、5万円パソコンなどと呼ばれる「ネットブック」に、イー・モバイルのデータ通信端末をセット販売しているパソコンのことを指します。つまり、イー・モバイルとの契約を条件に、本体価格を3~4万5000円ほど割り引いているわけです。

 “割引”と聞いただけで、財布のヒモがゆるんでしまう方も多いかもしれません。しかし、「1円でも安くパソコンを手に入れたい」という目的だけで、安易に100円パソコンを選ぶのは避けた方がいいでしょう。なぜなら、購入時に契約するイー・モバイルのデータ通信サービスでは、毎月最低でも2900円の利用料金がかかります(イー・モバイル「にねんMAX」契約時)。さらに加入してから2年間の継続利用が契約事項に明記されています。もし2年たたないうちに途中解約すると、高額な違約金が請求されます。つまり、100円パソコンとは、本体価格こそ100円ですが。2年間分の月額料金(2900円の24か月分)、6万9600円が別途かかるため、実質6万9700円の買い物と同じことなのです。

 せっかくネットブックを買っても、自宅でホームページを見たり、メールを送受信するだけなら、データ通信サービスに加入する必要はありません。既に導入済みのADSLや光回線を使えば、内蔵の無線LAN機能でネットブックはインターネットにつながるからです。ネットブック単体なら5万円前後なので、2年間トータルで見れば、2万円近く安くすみます。
データ通信導入希望なら、100円PCが狙い目も

 別の例を示したいと思います。対象とするのは、外出先でも積極的にネットブックを活用したいと考えている方。データ通信サービスに加入するときに、100円パソコンの購入で一緒にイー・モバイルに加入した方がいいのか、それとも、ネットブックとデータ通信端末を別々購入した方がいいのかを見ていきます。

 基本的な考え方は、先ほどと同じ。2年間のトータルコストがいくらになるのかがミソです。まず100円パソコンの場合。大手量販店では、実勢価格4万4800円のネットブックが、イー・モバイルセットでは100円に割引販売されることがあります。このときの本体割引額は4万4700円です。セット購入したUSBスティック型のデータ通信端末「D12LC」の価格が0円だったなら、ネットブックとデータ通信端末の購入代金は4800円だけですみます。

 100円パソコン購入時に加入するデータ通信プランは、イー・モバイルの「スーパーライトデータにねんMAX」。月額利用料金は、2900~6880円です。基本料金の2900円には、約3MB分の無料通話分を含むものの、以後は1パケットあたり0.042円徴収されます。ただし、月額上限額の6880円まで達したら、あとはいくら使っても一定です。ここから2年間の利用料金を算出すると、最低額が6万9600円。最高額では16万5120円。本体価格を上乗せしたトータルコストは、6万97000~16万5220円となります。

この事から言えるのは、現在プロバイダ契約をしていなくて、これからネットを始めたい人にはお得かな?(2年以限定で)
将来的にもっとWi-fiのフリースポットが増えればモバイルノートを買うのも考えるけど、今の所は買うまでには行かないな・・・。
個人的にはミニノートよりB5サイズのノートの方が使いやすいと思う。

無線LANで通信距離62.9キロ 03/12

日本無線は3月11日、2.4GHz帯無線LANで、国内最長距離となる62.9キロ・実効速度1.2Mbpsの通信に成功したと発表した。


 鹿児島県南さつま市と、同鹿児島郡三島村の島・黒島間で通信に成功。これまでの通信距離記録47.5キロを大幅に更新した。

 NTT西日本鹿児島支店、鹿児島県三島村、鹿児島大学学術情報基盤センターと協力し、昨年12月に実施した。

 同社の無線LAN装置「JRL-705」を使用。計算上はさらに遠距離通信も可能で、離島などのデジタルデバイド解消に活用できるとしている。

Googleよりも賢い(?)ナレッジエンジンが5月に登場 03/10

理論物理学者で数学ソフトを扱う米Wolfram ResearchのCEO、スティーブン・ウルフラム氏が、新たな検索技術「Wolfram|Alpha」を限定公開した。

 Wolfram|Alphaは5月に公開予定で、現在は少数のユーザーにのみ公開している。

 このプロジェクトは、アルゴリズムや自然言語解析などを活用して、「円周率の300けた目は?」といった事実に関する質問に回答する「計算型ナレッジエンジン」を目指している。ウルフラム氏は具体的な仕組みを明らかにしていない。

 Wolfram|Alphaのデモに参加した検索エンジンの専門家ノバ・スピバック氏は、この検索エンジンは「Googleのように答えを含む文書を返すのでもなく、Wikipediaのような巨大なデータベースでもなく、Powersetのように単に自然言語を解析して文書を検索するのでもない」としている。Wolfram|Alphaは、「ティンブクトゥはどこの国にあるか」「水素原子の陽子は幾つか」「今月のシアトルの平均降水量は?」「ISSはどこか」「GOOG(Google)の株価が300ドル以上だったのはいつか」といった事実に関する質問に回答してくれるという。

 スピバック氏は、Wolfram|Alphaは幅広い質問への答えを提供し、データベースから答えを探すのではなく回答を計算するという点で Googleよりもずっとスマートだとしている。「WebにとってGoogleと同じくらい重要かもしれない」「Googleの人がこれを見たら驚いて、欲しくなるだろう」と賞賛している。

またルーターが壊れた・・・。(´・ω・`) 02/16

またまた、ルーターが壊れた。
電源が入らねぇ・・。何時もはチカチカウザイくらい点滅してるのに、(´・ω・`)ショボーンと暗くなったまま。

私が使用しているルーターは、Netgearの無線LANタイプのやつ。
一年半くらい前にも壊れて保障期間内だったので無償修理(交換)に出して取り替えてもらった。

今回は買い換える気満々で色々調べた。
ネットの口コミ情報とかでみると、ネットギア製の口コミはほとんど皆無。ルーターの口コミ情報はほとんどがコレガ・IOデータ・バッファロー製のもの・・。

条件としては、
・値段が安い
・ブチブチ接続が切れない
・1Fと2F間で無線が届く

その他云々と検討した結果、バッファローの奴を買おうとほぼ決めていた。

が、ネットギアサポートに電話したところ、まだ保障期間内であることが判明!ラッキー
交換?してもらう事にした。

送料はこちら持ちだが買うよりは安い。それにネットギアのは今のところ2回ほど壊れてるけど、使用している間は不満なしだったからね。
う~ん3年保障はでかいなぁと改めて思い知らされた。

思いがけない出費が抑えられてヨカッタヨカッタ。

Dell、インク不要の携帯カラープリンタ「Wasabi」を発売 02/13

米Dellは2月10日、ポケットサイズのカラープリンタ「Wasabi PZ310」を発売した。米国のDellのサイトでキャンペーン価格99ドルで販売している。

 ZINK Imagingの印刷技術を採用することで、インクカートリッジは不要。Bluetooth対応のデバイス、BlackBerryなどのスマートフォンやデジタルカメラ、ノートPCなどから直接ワイヤレスで印刷することができる。サイズは12.2×7.1×2.3センチ、重量は約198グラム。色はピンク、黒、青の3色(わさび色はない)。印刷サイズは2×3インチ(約5.1×7.6センチ)で、専用の印字用紙を12枚セットしておくことができる。

 キャンペーン終了後の価格は149ドルで、専用用紙は24枚セットで12ドル。

Google Chromeに深刻な脆弱性 02/12

セキュリティ企業のSecuniaとフランスのVUPEN Securityは2月9日、GoogleのChromeブラウザに関する脆弱性情報を公開した。

 それによると、脆弱性はChromeによるURIハンドラの登録方法が適切でないことに起因する。この問題を悪用すると、攻撃者が任意のコマンドライン引数を挿入し、細工を施したWebページをユーザーに閲覧させることで任意のコマンドを実行できる恐れがある。

 深刻度はSecuniaが5段階評価で上から2番目に高い「Highly critical」、VUPENは4段階評価で最も高い「Critical」となっている。

 Google Chromeのリリースノートによると、この脆弱性に対処したバージョン1.0.154.48は2月3日付でリリース済み。同時にHotmailの不具合解消に関して1つ前のバージョンで生じた問題も修正したという。

液体窒素で1.8GHzを6.5GHzに@Phenom II X4 01/29

コンピューターのプロセッサーをオーバークロック(クロックアップ)するのが趣味の過激なマニアたちのグループが、プロセッサーを冷却することで、限界まで性能を引き上げて新記録を樹立した。

このグループは、液体窒素と液体ヘリウムを利用して米AMD社の『Phenom II X4』プロセッサーを絶対零度近くまで冷却し、何と6.5GHzまでオーバークロックした。Phenom II X4のクロック速度はもともと1.8GHzで、非常に大きな前進と言える。現在AMD社が販売する最上位クラスのCPUのクロック速度は3GHzで、今回の記録は2倍以上速い。

グループは、132ガロン(約500リットル)の液体窒素と液体ヘリウムを使い、摂氏マイナス232度までPhenom II X4を冷却した。

この極低温において、6.5GHzまでチップをオーバークロックすることに成功した。これは、クアッドコア・プロセッサーの世界記録だという。

« | HOME |  »

プロフィール

ありんこ

Author:ありんこ
旅行・アウトドア・バイクの話題等から社会問題までを適当、気ままに綴るブログ

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

 

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

 


最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。